無料ブログはココログ

雑記

あれこれ。

2018年8月15日 (水)

2018 12分の1世界戦

 アレクサンダー・ハグバーグ選手優勝おめでとうございます。

 もしかすると知らない人がいるかもしれませんが、日本時間の8月15日午前1時ごろまでIFMAR主催の12分の1世界戦をやってました。場所は南アフリカのウェルコムという町。今回はこれまでのモディファイドクラスに加えストッククラスのレースも行われていたが、このストックが82&84年の第1&第2回世界戦と同様にモディファイドと並ぶ世界タイトルなのか、それともサポートイベント扱いなのかは不明。問題はこのストッククラスの参加者が10名で、モディファイドクラスでも19名ということだ。

 実は僕も南アフリカで行われた12分の1世界戦に参加したことがある。この時の総参加者は38名で、やっぱり遠隔地でやる世界戦は参加人数が少ないな、と思ったが、今回はそれを上回り、半分の19名。しかも“世界レベル”のドライバーは正直2名のみ。今大会の充実した施設や、関係者のSNSなどで報告される地元運営者の努力ぶりなどは賞賛すべきものだとは思うが、あえていうならやはり“場所”が悪かったのだろう。最近は一時期ほどではないらしいが、やはり南アには治安が悪いというイメージがあり、他にもさまざまな不安があるのは事実。

 南アの世界戦では他にも黒歴史がある。09年の5分の1GP大会の参加者はたしか7名で全員が南アフリカ人。同年の10分の1電動バギーの世界戦も10数名の南ア人に数名のヨーロッパ人が加わるといった悲惨な状態だった。なぜこうした歴史を繰り返してしまうのか、それはIFMARのローテーションシステムにある。
 世界のRCレースを統括するIFMARは、下部組織としてFEMCA(アジア・オセアニア)、EFRA(ヨーロッパ)、ROAR(北米)、FAMAR(南米・アフリカ)の4団体がある。そしてIFMARの世界戦開催地は、これらのブロックを順番に回していくのである。今年の電動オンロード世界戦はFAMAR担当年で、南アのサーキットが開催に名乗りを上げたということ。2010年も南アで電動オンロード世界戦が予定されていたものの、09年の悲惨な2大会の後でさすがにコレはマズいということで、この時はドイツを代替地として大会が行われた。今回も15年ごろにはFAMAR以外のブロックでやるかも? という噂があったが、結局南アで決定、開催となった。

 正式な手続きを踏んで開催している以上、今年の南ア大会も立派な世界戦であり、上位入賞選手、とりわけチャンピオンの称号は正当で賞賛に値するものである。しかし、どうしたってその価値が色褪せてみえてしまうのは仕方ない。特に今回の王者であるハグバーグ選手は、想定できるフルメンバーが参加した12分の1世界戦でも十分に優勝を争える実力者だけに残念かつ気の毒な気もする。彼は当初の予定どおり参加し、実力を十分に発揮したのだから。

 1日おいて16日からは同じサーキットでISTC(10分の1電動ツーリング)世界戦が開始される。12分の1ほどではないものの、こちらのクラスも参加選手の人数はそれほど多くないと聞く。しかも優勝候補で参加を見合わせた選手も多いという。繰り返しになるが、運営側の努力は賞賛されるべきものだ。しかし、やはりこの事態は想定できたものだけに、事前になんとかならなかったのかな、とは思う。

 でもまあ、僕の知ってるIFMARじゃそんなに気がきかないだろうけど。

2018年8月13日 (月)

パルナイトレース18年8月

 懸念していた天気も持ち、レースは無事に開催。日中はいつ雨が降ってもおかしくない感じの空だった時もあったけど、結果的に練習もレースも普通にできた。

 ナイトレースの日はゆっくりめに行って15時ごろから走行を開始することが多いのだけど、今回はレース以外の目的もあったので早めに自宅を出発。が、世間はお盆休み突入ということで一般道も混み、予想よりは遅めのパル到着になってしまった。とはいえ、到着後はいろいろ準備して13時ごろに走行開始。走らせたのは↓のマシンである。

Evo1
3レーシングの新型ハイエンドツーリング「SAKURA ADVANCE 2K18 EVO」

 組んでる時から「これは走るんじゃないか?」という感触があったし、3レーシング社長の「今度の新車はよく走るよ」というコメントもあり、けっこうワクワクしつつ走行を開始。ダンパーオイルやスプリングは前モデルのADVANCEで調子のよかったものを使い、パワーソースやRCメカもADVANCEからそのまま移植している。
 で、期待の新型はビックリするほどよく走った。まずは動作確認のためにボロボロの中古タイヤを履かせ、ボディも重めの練習用でスタートしたのだが、この時点でも感触は非常によく、タイヤを変えた2パック目には早くも前モデルとほとんど変わらないラップタイムをマーク。前モデルのタイムを記録したのがレース路面だったことを考えると、これはかなり速い。
 従来のADVANCEと特に異なるのがコーナーでのキビキビ感で、ステアリングのダイレクト感もアップしている。そしてファイナルプーリー枚数の変更が奏功しているのか、加速感やストレートの伸びもアップしている気がする。とりあえず新車の初走行としては満点である。
 結局夕方まではこのマシンで遊んでしまい、セットもそれなりに進んだ。とはいえ、イニシャルのセットで普通に走っちゃったから、そんなにいじってないんだけどね。

 そして夜からはF1のレース。予選トップは取れたが、決勝ではミスが多く、2位に終わってしまった。やはりツーリングで遊びすぎたツケが回ってしまったか? 

103pal0108
クルマに特に悪いところはなかったんだけど、ちょっと運転しにくい感はあった。次回はもう少し身を入れてセッティングしよう

 レースの結果はともかく、新型2K18 EVOのシェイクダウンは大成功だったので満足。今回はスプリング以外ほぼキット標準のパーツを装着していたが、RC MISSION製前後ドライブシャフトやXENONのローフリクションベルトなんかを従来型から移植、または新規購入する予定なのでまだまだ速くなることが期待できる。
 言っとくけど3レーシングのステマじゃないよ。そもそもこのブログにステマが成功するほどの影響力なんかないし。でも、キット定価3万5000円でこの性能はやっぱりスゴいと思う。

 

2018年8月10日 (金)

2K18 EVO

 当初の予定よりはやや遅れてしまったが、無事に3レーシングの新車「SAKURA ADVANCE 2K18 EVO」を入手できた。

2k18_
パッケージは前作と共通デザインで、新型のロゴが追加されている

E01
1週間かけてチマチマ作り、とりあえず完成。なんだか画像が粗くなってしまった。なお、キット標準はすべて鉄ビスだが、このクルマは最初からチタンビスに変更している箇所もある。また、サーボホーンもアルミ製を装着した

 この2K18 EVOは、前モデルとなるSAKURA ADVENCEの進化型だが、実際にはかなりの箇所が変更され、ほぼフルモデルチェンジといってもよい。

E02
ステアリングワイパーは支点がバルクヘッドに設けられ、これまでとは逆向きに回転するようになっている。これでナックルと同じ向きに回転することになり、ステアリングフィールがよりナチュラルなものになるという。ただし、ワイパー側でのアッカーマン調整はできなくなった。ステアリングシステムの変更に伴いサーボ搭載位置も前寄りに移動、バッテリーも前に来ているため、シャシーの重心位置はかなり前寄りになったと思う。

E03_2
前後ダンパーはショート化され、併せてダンパーステーの位置も下がった。流行りの低重心設計である。ダンパーの精度はかなりいい

E05
E06
前後ロアサスアームは従来型よりロングスパンになり、材質もX〇AYチックなものに変更されている。そしてリヤのアップライトもアルミ製に。これまではリヤアップライト自体に2度のトーインが設けられていたが、このモデルからは0度アップライトになり、リヤトー角はリヤ側のサスピンホルダーで変更する

E07
モーターマウントの前側固定用ビスの本数を変更して剛性を調整。こちらも2K18 EVOから採用されたもの

E08
最近のツーリングカーでトレンドの“背骨”も標準装備。このパーツは効果が高いので、標準なのはありがたい。いずれはカーボンプレートとかダンパーも試してみたい

E09
バッテリーの固定はグラステープから樹脂プレートによるロック式に。こちらも最近のツーリングカーで採用例が多く、バッテリーの着脱が簡単にできる

E10_2
バンパーサポートもこれまでの樹脂成型品からアルミ削り出しになった。妙に豪華な感じ。レースを考えると重量増はやや気になる。まあ、樹脂のヤツもキットに入っているから、なんならそっちを使えばいい。

 ということで、新型ADVANCEは最新トレンドをうまく採り入れて進化しており、パーツの精度も上がっている。サスシャフトなんか、何もしなくてもスムーズでガタなしだったもの。組み立てで唯一気になったのは一部ボールのはめ合いがキツかったことだが、これも一般的なすり合わせ作業ですぐにスルスルになったから大きな問題ではないと思う。この精度と内容でキット価格が据え置き3万5000円は驚きで、他社のハイエンドツーリングに比べると相当安い。だからといって性能も半分ということはなく、きちんとセットを出せば、幸運もあったとはいえ、パルのレースでスロバキアンツーリング3台を抑えて優勝できるポテンシャルがあることは前モデルが証明している。
 3レーシング社長のJacky Lau氏によると「2K18 EVOは前のADVANCEよりずっと速いよ♪」とのことなので、これからのレースが楽しみだ。

 明日はスピードウェイ・パルのナイトレース開催日で、2K18 EVOの初走行はレース前の昼間を予定しているが、ちょっと天気が心配。すごく楽しみなんだけどな。

2018年8月 8日 (水)

連続TQ

 VRCプロ2018シーズン2 12分の1モディファイドクラス第2戦がスタート。今大会のコースは僕があんまり好きじゃないVRCカーペット1なので気のりがしなかったが、とりあえずちょっと練習して1回だけタイムアタックしてみた。

Vrc180808
おいおいTQだったよ

 これは僕が速いのでなく、VRCプロ内12分の1モディファイドクラスレースのレベルが低下していることを意味している。だって、以前の上位常連がほとんど出ていないんだもの。
 なお、決勝のタイムアタックは来週月曜の夕方まで最大3回行えるが、今日になってからなんだか忙しくなってきたし、週末にはパルのレースもあるから出走は多分キャンセルします。

2018年8月 6日 (月)

いきなり寒い

 8月6日の夜、都合により高崎市の実家にいるのだが、19時ごろから雨が降り出したら一気に気温が下がり、これを書いている23時半の時点ではエアコン&扇風機なしでも室温が25℃しかない。いやー、あったかいのに慣れちゃうと、この気温で寒く感じるのね。

 夏よ、まだ終わらないで。

クレストナイトレース18年8月

 今月も無事に出場できました。

 全日本翌週の割にはけっこうな人数が参加した7月とは異なり、今回のレース参加者はやや少なめ。特にクレスト12分の1レースのレベルをやたら高くしているここ数年の全日本トップ10常連、通称クレスト子ども会のメンツがほとんど出ていない。唯一、14&16年全日本チャンプの石岡勇人選手が出場するが、彼以外はクレスト常連のおじさん軍団がほとんど。とはいえ、そのおじさんたちも意外に高スキルなんだけどね。

 で、僕の順位はモディファイドクラス11名中予選5位。今回は上位6名までAメインということになったので、めでたくAメイン入りである。週の前半に行った練習での好調はまあまあ維持していたが、正直、予選に関してはもう少しいいタイムが出せたのではないかと思っている。
 そして迎えた決勝レース、序盤に他車とからんでしまい、上位からは離された単独走行となってしまったものの、クルマの調子はやたらよく、楽しく走らせていたらなんと8秒393というベストラップタイムをマークした。優勝した石岡選手のベストが8秒340で、僕との差はわずか100分の5秒。年齢差とかアレコレを考慮すれば、これはもう勝ったといっても過言ではない(どうやら過言らしい)。問題は石岡選手がベストに近いタイムで周回するのに対し、僕のは“瞬間最大風速”みたいなものだということ。でも、出たタイムは嘘じゃないから、このタイムを糧に今後のラジコン人生を過ごしていきたいと思います。なお、決勝の順位は5位でした。

Rsx
この間からサーボのアッパーケースをKOプロポ製RSx3-12 H.C用のアルミ製に変更したが、樹脂ケースとの違いは予想以上で、ステアリングの“しっかり感”が確実に向上した。アルミ製ケースなのでお値段もそれなりにしたが、これはいい買い物だっと思う

 レース終了後は高崎市の実家に戻り、翌日曜日はガーデニングの続き。

G2
前回刈り取って山積みにしておいた雑草が 約1週間で枯れ、体積がかなり減っている

Z
で、これを袋に詰めてゴミ回収に出す。実際にはもっとあります

 今年の猛暑(個人的にはそこまでではないと思うが)は雑草には追い風のようで、ほんの1週間でだいぶ伸びてきてしまった。こりゃまた近いうちに雑草刈りしないとダメそう。しかし、5月には業者さんが刈り、除草剤まで撒いてもらっているのにアッという間に復活する雑草の生命力には驚くばかりである。キミたち、基本的に水と光と土だけが栄養なのにスゴいね。

2018年7月31日 (火)

終わりなき戦い

 実車F1チーム・トロロッソのテクニカルディレクター、ジェームス・キーが、どうやらマクラーレンへと移籍することになりそうだが、上級技術者の移籍では慣例ともなってるガーデニング休暇(最新技術が他チームにすぐに活用されないよう、一定期間の休暇を設け、その間は庭いじりでもやっとけ、という措置)を設けない、などと話題になったのが先週末のハンガリーGP直前。時を同じくして、僕もガーデニング休暇を過ごすことになった。

 ええ、実家裏庭の雑草刈りです。

G180729
ひと月前にがんばってけっこう刈ったのに、もうコレだもんなあ

 F1技術者のガーデニングとの違いは、僕のガーデニングには給料が出ないこと。しかもガーデニングのために時間を作り出さなければいけない。そもそも、僕は雑草刈りのような比較的単純な作業を黙々と進めるのが一番苦手で、肉体だけでなく精神的な苦痛を伴う。反対に同時にいくつかの作業をやるのは得意なんだけどね。念のため書いておくが、これらのどちらかが優れているという話ではなく、単純に気質の違いのことである。要は僕には根気がない、と。

 とはいえ誰かがやらないと裏庭が密林化してしまうので、クレストスピードウェイでスピードキングツアー第4戦が開催されている週末はガーデニングに当てた。最近ツーリングの調子もいいからスピードキングにも出たかったが、翌週のクレスト12分の1ナイトレースを優先で今回は我慢することにした。
 ガーデニング作業中は真夏の日差しが照り付けるが、僕はそのへんワリと大丈夫。しかし、このところまた調子のよくない坐骨神経痛をかばいながらの作業になり、作業終了後は案の定痛みが悪化してしまった。だけどこの雑草刈りって、終わりなき戦いだよね。今回ある程度は刈ったり抜いたりしたけど、ちょっと間があくと、すぐに雑草まみれになるもんな。この辺はレースに似ている気もする。こっちが進歩するとライバルも進歩し、これが永劫に続いていくのである。

 ある程度スッキリさせたところで作業を終了し、東京の自宅に戻る前にココに寄った。

Crest170730
おなじみクレストスピードウェイである

 もちろん、目的は新レイアウトでの12分の1練習で、ナイトレースの時間帯に合わせて夜から練習を開始。つまり、ガーデニング休暇を終えた僕は弱小ラジコンカーレースチーム・ハセガワのテクニカルディレクターに復職したわけだ。もっとも、このチームはテクニカルディレクターがメカニックとドライバー、スポンサーも兼ね、トランスポートも担当している。まあ、ラジコンレースやってる大抵の人がそうだけどね。

 今回の練習では予想外の好タイムが出て、週末のナイトレースに向けてかなりの好感触を得た。やっぱりIRCC直前に行った小改良が大きな効果を発揮しているな。うん、なかなか優秀なテクニカルディレクターだ(誰も褒めてくれないので自分で褒める)。

 さあレースがんばろう。

2018年7月29日 (日)

堕ちた王国

 以下、映画「ジュラシックワールド/炎の王国」のネタばれがあります。これからこの作品を見る予定の方は、この記事を読まないか、映画鑑賞後にお読みください。













 さて、僕がけっこう恐竜好きなのはこのブログを読んでいる人はだいたい知っているだろう。確かに子どもの頃から恐竜は好きだが、展示会や博物館に行って骨格標本を見たり、恐竜の本を読んだりするのが好きな程度で、論文を読み、フィールドワークに出るほどではない。つまりオタク度でいえば初~中級くらい。しかも興味の対象がほぼ獣脚類に集中しているので知識にも偏りがある。そんな僕が恐竜映画のジュラシックワールド第2作、ジュラシックパークシリーズでは第4作の「炎の王国」を見てきた。以下はその感想兼僕のストレス解消。いや、こうやって文章にしちゃうとスッキリすることもあるのよ。

 そもそも、この邦題が気に入らない。原題は「Jurassic World Fallen Kingdom」なんだから「炎の」じゃなくて「堕ちた」とか「落ちた」王国だろうに。配給会社は「炎の」の方がカッコいいと思ったのだろうが、内容から考えてもふさわしいとは思えない。さらに上映開始直後に日本語版字幕担当者としてあの大御所女史の名前が出てきたから戦慄したが、これに関しては劇中あまり変に思うところはなかった。

 さて、肝心の内容だ。この映画、人間側の中心キャストは前作から続投である。前作のジュラシックワールドにおいて、僕は最後まで「この人がヒロインなんだ」と気が付かなかったお姉さんは今回も主役で、相方の元ジュラシックワールド職員のお兄ちゃんも一緒。前作で一度は見捨てたはずのジュラシックワールドことイスラ・ヌブラル島に戻り、火山噴火で壊滅しそうなジュラシックワールドで恐竜を救おうとするところから物語はスタートする。
 と、その前に、前作のラストで海に沈められたハイブリッド恐竜・インドミナスの骨(DNA)を潜水艇で回収するシーンがあり、そこでもひと騒動起きるのだが、僕がちょっと疑問に思ったのが「なんで閉門されて仕切られた湾内であのデカいモササウルスが生き続けていられたのか」ということ。パーク(ジュラシックワールド)は騒動で破棄され、人間による給餌が行われていないのであれば、あれだけの巨体を生かし続けることは難しいだろう。だいたい、なんであのモササウルスは旅客機みたいなサイズなのか? とか、琥珀に閉じ込められた吸血昆虫から恐竜の血液=DNAを回収して現代に恐竜を蘇らせたというのがジュラシックパークシリーズの根幹なのに、どうやって海棲爬虫類であるモササウルスのDNAを手に入れたのか? とか前作から疑問だらけなのに、さらに疑問が増えてしまった。もちろん、フィクションなんだから事実である必要はないし、モササウルスが超巨大なのは前作ラストのカタルシスのためには必要なのだけど、もう少しうまくウソをついてくれないと、現代の地球に恐竜が復活したというこのシリーズ最大のウソすら真実味がなくなってしまうだろう。

 で、とにかく噴火で危機的状況にあるイスラ・ヌラブル島に向かう主人公カップル。そこではお約束の裏切りや、陰謀、自然災害、恐竜の暴走などがテンコ盛りで発生し、ついでにシリーズ初登場の恐竜も出てくる。やっぱり、このジュラシックパークシリーズ制作担当者たちは恐竜をかつて生きていた“動物”として描くのではなく、あくまで“怪物”として扱いたいのだということが分かった。だって、フィッシュイーターである確率の高いスコミムスがガンガン人間を襲ってくるし、羽毛の生えている恐竜もほぼ皆無。もちろん、劇中でも、パークの恐竜たちは発見されたDNAに人間が手を加えて蘇らせてものであり、中生代に生きていた本物と同じではない、という説明が出てくるが、それにしたって、である。あと、この映画を作った人たちはどうしてもプテラノドンを人さらいにしたいらしい。彼らが後ろ足で人間をつかんだまま離陸できるというのは無理があるって。

 ということで、中途半端に最新の恐竜生態復元の知識があると、細かいことがいちいち引っかかってお話に集中できない。もっとも、そんなに複雑なストーリーじゃないが。さっきからケチをつけてばかりだが、もちろんいいところもある。物語のキーとなる少女が実はクローン人間で、その彼女が同じ立場にあるクローン恐竜たちを現代社会へと解き放ってしまうという流れには説得力があるし、アニマトロニクスとCGを駆使した恐竜映像はかなりのもの。お話の最後にはカリフォルニア州の各地に恐竜が逃げ出してしまい、そのまま映画も終わりを告げてしまうという投げっぱなしエンドは、シリーズ第1作の原作小説のラストとも共通性がある。てっきり小説版へのオマージュかと思っていたのだが、どうやら次回作も公開予定とのこと。だから投げっぱなしエンドなのね。

 前作のヒロインでもあるクレアは今回も大活躍し、なんだか次作にも出てきそうだが、やっぱり見た目がヒロインぽくないので僕的にはマイナスかな。いいじゃん、映画なんだから、いかにも華奢で綺麗なお姉さんがマッチョな活躍したって。恐竜のウソやストーリーの齟齬なんかより、そっちの方がずっと夢のあるウソじゃん。なんだろうね、SW8といい、最近の映画であえて綺麗な女優さんを使わないのは。

 とはいえ、2021年に公開予定という第3作もたぶん見に行くと思います。

2018年7月24日 (火)

グダグダ

 VRCプロ2018シーズン2 12分の1モディファイドクラス第1戦決勝は2位に終わりました。アタック最終日に時間を作ってトライしたものの、もうミスが多くて全然結果が残せない。これはアレだな、前日のパルデイレースをほぼノーミスで乗り切ったことの反動だな。レースでも勝った上に自販機で水買ったら当たりが出てもう1本水をもらったから、ツキも使い尽くしていたのだと思う。実は、決勝前に水買って当たりを引いた時は「あ、コレで決勝の運使っちゃったかな?」と悲観的になったものだが、幸いレースは勝てたので今の運気はいいものだと思っていたのだ。


 ええ、VRCの決勝でミスを連発したのは、僕のウデのせいでなく運が悪かったからです。

2018年7月23日 (月)

パルデイレース18年7月

 今年は去年までとは僕の仕事事情が異なり、以前はたまにしか出られなかったスピードウェイ・パルのデイレースに毎戦出場している。そして22日もツーリングブーストクラスに出場。このクラスの出場者は僕を含めて4名とやや寂しかったが、優勝争いの常連はしっかり出場しているのでレベルは十分。

Pal180722
今回もおなじみSAKURA ADVANCEで出場。後継機種のADVANCE 2K18 EVOが7月23日に出荷されるとのアナウンスが3レーシングからあったので、今回がホントに最後のレースになると思う……たぶん

 正直に言って、今回のADVANCE君はそこそこ好調だったものの、運転手を含めての速さは3、4番目だったと思う。しかし、このレースでは僕個人の暑さにやたら強いという体質(性格?)が幸いして、明らかにペースに勝る2選手が暑さのためか集中力を欠いて小ミスを繰り返すのに対し、予選~決勝を通じてほぼノーミスで完走。結果としてTQ & WINしてしまった(汗)。予選3回目は序盤でトップを走るが、後半のペースが速いT選手に逆転を許し、2位ゴールを覚悟した直後にT選手がミス! 0.211秒差でトップゴールとなった。
 決勝第1ラウンドは、追走する各選手のミスによってトップをキープできてまずは1勝。第2ラウンドもまずは序盤リードするが、やはりペースに勝るT選手の猛追を受ける。実はここでT選手に先行されても第1ラウンドとのポイント合計で優勝できることが分かっていた。しかしできればトップのまま終えたかったので、ブロックラインを走った。が、ちょっとアウトに膨らんだ際にインを刺され、あえて抵抗はせずに2位に下がる。その後はT選手のミスを探るものの、再逆転はできずに2位でゴール。ええ、“置き”にいきました。

 内容はどうあれ優勝は優勝だから素直に喜びたいと思います。2年近く一緒にレースしたADVANCE君のラストを優勝で飾れてよかった。

より以前の記事一覧