無料ブログはココログ

« 2023年11月 | トップページ | 2024年1月 »

2023年12月

2023年12月27日 (水)

明るい未来・その1

 フリーランス業は収入も不安定で将来も真っ暗だけど、時間を自由にしやすいというメリットがある。だから平日にもラジコンを走らせることができる。ま、そのぶん変な時間や曜日に仕事していることも多いんだけどさ。

 ということで、またしても仕事の合間にパルに行ってきた。本来この日は1日ラジコンの算段だったのだけど、締め切りが早まった仕事ができたため、昼前までにその原稿を終わらせて出発し、パルでは15~21時のイブニングタイムで走ることにした。ホントはそこまで無理して走らせる必要もないのだが、この間初走行したCERO ULTRA V2.0(以下・V2)君の感触があまりによかったからまた走らせたいという願望があり、さらに12分の1でも試すことがあったのでとりあえずパルに行った。よく走るクルマがあると必然的にサーキットに行く気力も機会も増えるよね。

Pxl_20231226_073248651
ピットは室内コースに構えたものの、明るいうちは外コースでこの子を走らせた

 V2君のタイヤは「これはまだ使えるかな?」という状態のユルギックス24S。たぶん10パック以上は走っている。でもまあ、今回のテストに絶対的なタイムは必須じゃないから、この中古タイヤにスパイダー赤グリップ剤を塗って、まずは70℃×10分温めた。そしてその間にクルマをチェック。前回のラストパックのままだが、特に変な箇所もないから最初はこの状態で走る。タイヤ加温10分後にシャシーに装着し、最低地上高とかを確認した後に今度はマイティグリッパーV3黒を塗り、またしても70℃×10分で加温。

Pxl_20231226_064023434
タイヤウォーマー待ちの間は室内コースでOF-01ウイングカーを走らせた。目的は夜の12分の1走行に向けて路面コンディションを整えるため。最近はスティック送信機でもレーシングラインを普通に走れるようになった

 タイヤが温まったところで走行開始。だが、グリップ感はイマイチ。それでも走れないわけじゃないから、4分ぐらい連続走行して室内ピットに引き上げた。このタイヤはダメかなあ? とも思ったけど、1パック走るとタイヤが目覚めることも多いので、左右を入れ換えて今度はマイティグリッパーV3白を塗って再び10分加温した。

 V2君のセカンドラン。グリップ剤変更が効いたか、タイヤが起きたのかは不明だが、明らかにグリップがよくなっていい感じで走れる。タイム計測器は使ってないけど、送信機のナビを聞く限りどうやら27周ペースには乗っている。平日路面ではあるが、利用客が2名いてけっこう走っているから路面も悪くなさそう。ここは約1分で終了してピットに戻る。

 クルマとタイヤの調子が確認できたから、やってみたかったテストを実施することにした。それはアッパーデッキ固定用ビスの着脱である。

 V2ではキット標準でワンピース(前作では前後2ピースだった)タイプのアッパーデッキが装備されていて、前後バルクヘッドに各4本のビスと、シャシー中央のモーターマウントに2本のビス、合計6本のビスで固定するのが説明書の標準仕様だ。しかし、ワンピースのため、モーターマウントとの固定ビスを外してもアッパーデッキが機能しなくなることはない。そこでコレを外し、タイヤはそのままで再びマイティ白を塗り、今度は5分加温で再スタートした。

 するとどうだろう、ビス2本を取り外したV2君のグリップ感が明らかに高くなっている。ラップタイムもビスがあるときよりちょっと速い。違いが確認できたため、またしても1分で走行を止め、ピットに戻ってビスを装着。またマイティ白を塗って5分加温した。ここで一度戻してみたのは、グリップ感の向上がトラックエボリューションによるものである可能性も無視できないからだ。

 んで、またしても走らせる。室内コースのピットと屋外コースを頻繁に行ったり来たりで忙しいが、クルマが走るから苦にならない。どうしようもないクルマを何とかしようとしてセットを小マメに変えるときはまあまあの苦行になるけど。

 やはりモーターマウントとアッパーデッキをビスで固定するとグリップ感は落ちるみたい。送信機ナビでのラップタイムもほんのわずかに低下していた。ここも1分で終了。ピットに帰ってきたらタイヤの左右を入れ換え、アッパーデッキのビスをまたしても外す。そしてバッテリーも交換して、白を塗って5分加温。

 ビス外しの2パック目。スタート直後からクルマの動きがよく、1分経過時点のペースはこの日一番。楽々27周に入りそうだからそのまま5分走ってみることにする。そこからペースが落ちるどころか運転手が慣れるに連れてペースも上がり、27周目を終えた時点で送信機のストップウォッチを停止。この時のタイムが5分6秒だった。だぶん実際のゴールタイムはもうちょっと速い。

 この間は平日練習で27周5分10秒を出してビックリしていたのに、その翌週にはさらにタイムが短縮された。V2君の初走行が好印象で、おそらく明るい未来が待っていると前回のブログに書いたけど、その明るい未来がすぐにやってきた。

Pxl_20231226_075456049mp
しばらくアッパーデッキとモーターマウントは固定しなくていいかも。チタン製アッパーデッキ用ビスは買ってあるのだけど、当分出番はありそうにない

 いいタイムが出ているが、タイヤライフは終盤に差しかかっている感触があった。でもどこまで走れるか見たかったので、またしても左右を入れ換えて白を塗り、5分加温後に走行。ここからは参考にタイム計測を行った。

 スタートから2分までは前回と同等のペースで走ることができ、平日自己ベスト更新も可能な勢いだったのだが、ここで調子に乗ってフェンスをヒット! 大事をとってこのパックは走行を中止した。

Original_6c9ddcb746dd4c80abbf119615c2a26
クラッシュの前周に記録したタイム。ここ最近レースでも11秒1を切れなかったのに、ド中古タイヤで簡単に出てしまった

 この後もう1回走って、今度は27周5分8秒でゴール。うん、やっぱりV2君はとても速い。27周の感動が薄れたのは残念であるが、これは前向きな残念である。そして日没を迎えたこともあり、ここからは室内コースでの12分の1テストを開始した。それに関してはまた後日に。


 かなりたのしかった。

2023年12月23日 (土)

初走行

 仕事の合間に埼玉県川越市のスピードウェイ・パルに行ってきた。

Pxl_20231220_053605724
目的はこの子を走らせるため

 僕が来シーズンのレースを一緒に戦う予定の3レーシング製CERO ULTRA V2.0(以下・V2)君が完成した。僕の性分は「完成したRCカーはできるだけ早く走らせたい」なので、時間を作ってパルに行ったのである。

Pxl_20231220_050418541
僕がパルに着いたのは13時すぎだったが、他の利用客は知り合いのKさんのみだった。当然路面状態はそこまでよくないと思われた

 レース用モデルの初走行だけに本来ならある程度グリップが期待できる路面で走らせるほうがいい気もするけど、それよりも「走らせたい」という思いが勝ち、パルに行くことにしたのである。ちょうど仕事のすき間もできたし。

 今回は新規に組んだキットの初走行ではあるが、いくつかのコンポーネンツは前モデルのCERO ULTRA(以下・無印)から流用した。すでにセットが出ている部分もあるし、新品パーツをケチり温存したいという僕の性格にも優しい配慮だ。流用したのはフロントバンパー回りと前後ダンパー&スプリングユニット、前後アッパーアーム、RCメカ、モーター、ボディなど。

 ある程度以上グリップすることが分かっている8パックオールドのRUSH24Sタイヤを装着し、グリップ剤を塗って温める。前後キャンバー角やリバウンドストロークは無印の最終セットと同じに設定した。

 タイヤが温まったところで緊張のスタート。恐る恐る1周目を走り出した。Kさんがそこそこ走り込んではいるものの、一人だけであり、予想どおり路面は“グリーン”であることが分かったが、なんだか素直な感じで走るから2周目以降はペースを上げて周回を重ねた。そしてミスもなく5分走行を終了。V2ではキット標準仕様でリヤにマイナスキャスター角が設けられていて、このセットは無印でもフロントアッパーアームをリヤにも使用することで行える。なので前にやったことがあるのだけど、この時は妙にリヤが軽くなっていい印象がなかったため逆キャスターは見送った。だが、V2君はそうした素振りを見せずにいい感じで曲がる。

 2パック目は同じタイヤの左右を入れ換え、特にセットは変えずにスタート。タイヤが“目覚めた”のか、それとも路面がよくなってきたのか(Kさんもまだ走ってた)? 先ほどよりペースがよく、おそらく5分間で3~4秒速くなった。タイム更新の数値がいい加減なのは、ラップタイム測定器を使わずに1分おきの送信機のラップナビでペースを見ていたため。

 またしても5分間ミスなしで終われたので、次はタイヤはそのままでセットを変えてみた。時間がないからこの日はリヤトー角変化量にテーマを絞った。V2の標準仕様ではサスのバンプに伴ってトー角がわずかにアウト側に変わる(目視)設定になっているが、ナックルアームとロッドの間に入れるスペーサーの厚さを1ミリ増やして、さらにトーアウト方向への変化量を増やした。
 この状態で走ると、ちょっとだけコーナー進入で曲がりがよくなったようにも感じられたが、気のせいかもレベルであり、ラップタイムにも有意な変化はなかった。この頃にはKさんも引き上げていたため、ボッチ状態でテストを進めた。あまり違いを感じられなかったので、走行は2分で切り上げてピットに戻り、スペーサーを減らしてみることにした。なお、リヤトー角はイン3度に設定。

 スペーサーマイナス1ミリで臨んだ走行では、想像以上の変化があった。コーナーでの曲がりがキレイになり、プッシュアンダーもなぜか減少。ラップタイムも明らかによくなった。そこでこの後は2分くらい走ってピットに帰り、スペーサーを減らしたりまた増やしたりしてテストを続行。最終的にキット標準からマイナス2ミリで落ち着いた。例えいいセットが出ても、一度戻してみるのは大事よ。ちなみにサス作動によって何度トー角が変わるのかは不明。だってゲージ持ってないもん。今度誰かに借りて確認します。

 リヤトー角変化量のとりあえずの結果が出たので5分走行にトライしてみた。タイヤはそのまま。すると、この時点で12パックオールド相当のタイヤと平日路面にもかかわらず5分間で27周に突入した。たぶんゴールタイムは5分10秒くらい。平日路面で27周に入ったのは初めてかも?

 まだリヤトー角変化量しかいじってないのに、V2君はここ最近では無印での練習では出せなかったタイムをド中古タイヤ+練習用バッテリーであっさり記録してしまった。

結論:V2君は無印より明らかに速い

 新車効果もないわけではないのだろうが、色々条件を加味すると、やはりV2は速いと思う。ここからさらにセットを詰めていけば明るい未来が待っていそうだ。

Pxl_20231220_070640254mp
このパーツも試してみたいのだけど、まずはキットノーマル仕様で走らせた。テストは次回以降だな

Pxl_20231220_064428757
タイヤウォーマー待ちの間に室内コースのパイロンをクリーニング。けっこうキレイになって視認性が向上した

 こうして通算5分×8パックほど走ってV2君の初テストは終了。予想よりも収穫があり満足の半日であった。ええ、ウチに戻ってからは早朝まで仕事しました。

 V2君ではリンク式アッパーアームをはじめ、まだまだ試してみたいことがある。だから近いうちにまた時間を作ってパルに行こうと考えている。でも、12分の1のテストもやりたいんだよなあ。


 とてもたのしかった。

2023年12月12日 (火)

12分の1のため?

※今回の記事では継承を略します。

 ほぼ4年ぶりに開催された12分の1世界戦モディファイドクラスはポーランドのミカエル・オロウスキーの優勝に終わった。前大会でTQを獲得するものの、優勝を逃していた彼にとってはようやく取れたタイトルになる。

 さて、今回の世界戦アメリカ大会は12分の1世界戦では通算21回目とのこと。2年に一度開催されるこのカテゴリーの世界戦は、新型コロナ流行のあおりを受けて開催が延期され、偶数年から奇数年にズレてしまったものの、中止することなく続けられている。ということで、歴代チャンピオンを列記してみる。

1982年 アート・カーボネル(モディファイドクラス)
     ケント・クラウスン(ストッククラス)
1984年 トニー・ナイジンガー(モディファイドクラス)
      バド・バートス(ストッククラス)
1986年 トニー・ナイジンガー
1988年 広坂正美
1990年 クリス・ドセック
1992年 トニー・ナイジンガー
1994年 デビッド・スパシェット
1996年 広坂正美
1998年 デビッド・スパシェット
2000年 広坂正美
2002年 広坂正美
2004年 広坂正美
2006年 デビッド・スパシェット
2008年 松倉直人
2010年 松倉直人
2012年 松倉直人
2014年 マーク・ライナート
2016年 松倉直人
2018年 アレクサンダー・ハグバーグ
2020年 マーク・ライナート(モディファイドクラス)
     アンディ・マーリー(スペッククラス)
2023年 ミカエル・オロウスキー(モディファイドクラス)
     マックス・マフュラー(スペッククラス)

 1982&1984年大会はモディファイドクラスとストッククラスの開催日が異なり、両クラスにほぼ同じドライバーが出場していたため、両チャンピオンの扱いは同格といえた。だからバギーでいう2WDと4WDみたいな感じ。しかし2020年大会からはモディファイドクラスとスペッククラスの両方にエントリーすることはできなくなり、同日程での開催となった。それによりトップレベルのドライバーはモディファイドクラスに出場している。もちろん、スペッククラスにもスペシャリストはいるし、2020年のアンディのように、本来はモディファイドクラスの選手なのに、同じチームのモディファイドクラスドライバーをサポートするために自分はスペッククラスにエントリーしたら優勝しちゃったというケースもある。

 このクラスの歴代チャンピオンを見ていくと、複数回タイトルを取った選手が多いことに気づく。8分の1GPオンロードで9回王者に輝いたイタリアのランベルト・コラーリという例外はあるけど、12分の1クラスにマルチチャンピオンが多いことから、このクラスはけっこう専門性が高いんじゃないかとも思える。レジェンドMASAMIのようにほかのカテゴリーでも多数タイトルを獲得した選手もいるが、彼もまた例外。

 だが、最も新しい12分の1世界チャンピオンはオフロード出身の選手であり、世界タイトルこそないものの、主にEPオフのレースで豊富な実績を残している。昔からバギー出身者はテクニックの引き出しが多く、どんなカテゴリーのクルマでも速く走らせてしまうといわれていたが、意外にもこれまではバギーにルーツを持つ選手が12分の1世界タイトルを獲得したことがなかった。だが、その歴史も終わり、ついにバギードライバーが12分の1でも頂点に輝いた。

 ここからは私見になるが、12分の1カーでは、操縦中に“やること”が思いのほか少ない。しかし、バギーは上下の動きも含めて走行中に色々やらないと速く走れない。これはクルマが決まっている状態でも同様。その点12分の1は、クルマのセットが出ていれば比較的イージーにドライブできる。スピードは速いけどこれはわりとすぐに慣れる。逆にいうと、コーナースピードの速い12分の1は、イージードライブできる状態になっていないと勝負にならないともいえる。さらにいえばツーリングだって12分の1よりは操縦が忙しい。だから、12分の1を速く走らせられるようになりたかったら、他のカテゴリーを体験するのはいいことだと思う。

 このブログのタイトルを見れば僕が12分の1至上主義であるのは一目瞭然であり、それを隠す気もない。でも、最近ではツーリングやバギーもなるべくたくさん走らせるようにはしている。実際、12分の1以外のカテゴリーを体験することにより、運転の引き出しも増えた気はする。だから「すべては12分の1のために」なのである。


 話は変わるが、上に書いた歴史12分の1世界チャンピオンの名前はすべて僕の頭の中から出したもので、特に何かを調べて書いたものではない。まず間違ってはいないと思うけど、万が一間違っていたらごめんなさい。そして書いてて気がついたのだけど、僕は歴代チャンピオンの中でトニー・ナイジンガーとバド・バートスを除く各ドライバーと会ったことがある(クリス・ドセックとは総会話時間2分くらいだと思うけど)。ただし向こうが僕を覚えているとは限らない。これで驚くのは、自分がそこまで歳を取ってしまったこと。いやー、思えば長い12分の1の旅路だった。しかしいまだなお目的地には到着せず。だから旅はまだ終わらない。

2023年12月11日 (月)

パルナイトレース23年12月(欠場)

 おかげさまで11月のレースで今年のチャンピオンを決められたので、今回のレースは欠席することにした。寒いし。しかし、ツーリングクラスのアナウンスはやる予定で、久しぶりに12をしっかりやりたかったからパルには行く。そしたらY選手から「来るなら必ずF1を持ってくるように」と脅されて頼まれてしまった。もし参加人数が少なくてF1クラスの成立が怪しくなった場合は出ろというのだ。自分で言うのも何だけど、今年のチャンピオンを人数合わせに使おうというその意気やヨシ(いや、よくない)。とはいえ僕は優しいので、一応F1一式もクルマに積んでパルに向かった。

 今回はレースに出ないけど、いつもより少し早めにパルに着いた。その理由は……

Pxl_20231209_032542151mp
パルオーナー主催の芋煮会があったから。オーナー夫妻と協力の皆さんが芋煮を作り、サーキット利用者にふるまってくれた

Pxl_20231209_032631171
これがその芋煮。本場山形から取り寄せたサトイモが使われていてとてもおいしかった

 今回の芋煮は基本的に無料で、何だか申しわけないほど。でもお世辞じゃなく本当に美味だった。

Pxl_20231209_054532459
しばらくしたらお代わりのカレーうどんが完成。芋煮の汁がダシになっていて、これもまたおいしかった。ごちそうさまでした

 腹が膨れたらラジコンを走らせる。今回は12に専念しようと思っていたのだけど、諸事情によりまずは外コースでツーリングを5分×2パック走らせた。

Pxl_20231206_040825454
ツーリングの次はかんたんF1でスティック送信機の練習。だいぶ走れるようになってきたが、格安アンプが不調(泣)

 その後は夕方まで12分の1を走らせた。モディファイドモーターを積んだAK12X(仮)とDTY-12、そしてニセJMストックのVD-12で色々試す。数えてみると、この日は5台のクルマを走らせていた。
 夕方になって、どうやらF1クラスは僕なしでも成立しそうなので、走行延長料金を払って室内コースで19時までモデ12を走らせた。やはり速いラジコンは面白い。室内コースの路面も冬場になってグリップが上がり、ここ最近では一番いいタイムが出た。これは次回も楽しみ。

Pxl_20231210_052426077
この子もカタチにはなっていたから持っていって仲間に見せびらかした。初走行はもうちょっと先

Pxl_20231209_101753059
ナイトレースはF1クラスの見物とツーリングクラスの運営&アナウンス

 これで今年のパルレースシリーズも終了。2024年シーズンは1月13日のナイトレースからスタートするが、この日はレギュラーレース運営者のAさんが都合により来られないので、レース運営は僕がフルで担当する。だから自分は出ない予定。僕のシーズン開始は1月28日のデイレースからだな。


 おいしかった。

2023年12月10日 (日)

2023IFMAR12分の1電動オンロードカー世界選手権

 ミカエル・オロウスキー選手、マックス・マフュラー選手おめでとうございます。

 モディファイドクラスAメイン第2ラウンドのオロウスキー対マーク・ライナートの戦いは実に見ごたえのあるものだった。いやー、あのスピードでバトルできるウデがあるのがうらやましい。

 ミカエルはいつ世界チャンピオンになってもおかしくないレベルの選手だと思っていたが、これでようやく実力に肩書が追いついた感じ。シュマッカー連覇もめでたい。前回の2020年世界戦後にシュマッカーに行き、社長のロビンさんにお昼をおごってもらうなど親切にしてくれたので親近感があるのだ。ごちそうさまでした。

 本当なら僕も現地に行きたかったところなのだけど、昨今の円安とアメリカの物価高を考慮して今回は断念した。次回はFEMCA(アジア・オセアニア地区のRCカーレース統括組織)ブロックでの開催だから行けるといいな。

 うん、やっぱり12分の1はやるのも見るのも面白い。

2023年12月 8日 (金)

2024年用車両

Pxl_20231207_071231496mp
香港から「送ったよ」の連絡が来た翌日に我が家に到着。Fed○x恐るべし

Pxl_20231207_071333708mp
3レーシング代表のジャッキー・ラウ氏が強く推奨するオプションパーツも同時に到着

 クルマの詳細についてはRCM誌2月号に掲載予定。その後このブログでも紹介します。とはいえ、年内には走らせようと思っている。


 たのしみ。

2023年12月 2日 (土)

VRC Pro世界戦 2023

 年に1回のバーチャルRCプロ世界戦12分の1モディファイドクラスが11月15~27日に行われた。この大会、僕は2019年に2位に入っているがこれが過去最高。後は適当にAメインに入ったりBメインに落ちたり。

 で、今年の大会は例年より1カ月早く、11月中旬に実施された。開催地は南アフリカのウェルコムアリーナ。2018年にリアルの12分の1&ツーリング世界戦が行われたサーキットである。このサーキット、今年の夏前には実装されるはずだったのに、遅れに遅れてVRC世界戦直前になってからリリースされた。

 何パターンものレイアウトが可能なウェルコムアリーナだが、VRC世界戦は2018年12分の1世界戦と同じレイアウトが使用された。そしてこのレイアウトとコースが走ってて全然面白くない。レイアウトが僕好みでない上に、路面グリップはそこまで高くなく、そのわりに縁石とコース外側のホワイトラインがやたら食う。走行中にちょっとでも縁石を引っかけたり、ホワイトラインに乗ったりするとクルマが思わぬ方向に吹っ飛ぶのである。リアルのウェルコムアリーナもこんな感じなのか?

Getimage_20231202221701
ウェルコムアリーナ。操縦台が高いのも僕がキライな要素の一つ

Getimage_
12分の1世界戦レイアウト(反時計回り)。操縦台手前のちょっと曲がったストレートが見にくいのなんのって。ほとんどカンで走った

 毎年レース形式がコロコロ変わるVRC世界戦だが、今年はエンジンカーと似たスタイルが採用された。まずは10回までアタックできる8分間レースの予選を行い、ここでTQの選手はAメインにシード。2~31位の選手は各10名3組の準決勝に分けられ、その準決勝各組の上位3名がAメインに進出。TQと合わせて10名で世界チャンピオンの座を争う。

 僕は苦労しながらも総合13位で準決勝に進み、準決勝3組に振り分けられた。そして準決勝は12分間レースで行われた。タイムアタックができるのは6回まで。リアルだったら途中でバッテリー交換(VRCでは15秒の充電)が必要な感じだが、VRCだとピットインなしで走りきれる。しかしこのミスしやすいコースで12分のレースはキツく、結局僕も満足できるレースは1回もなかった。そして全選手のアタックが終了すると……

Vrc-worlds-2023
準決勝第3組5位で敗退(泣)

 これで今年のVRC世界戦は終了した。↑のリザルトを見ると、3位でAメインに進んだ選手との差は12分走ってわずか0.11秒。しかも3位と5位の僕の間にもう1人いる(汗)。あー、あの時とあの時とあの時のミスが悔やまれる。

 さて、Aメイン決勝には出られずに終わったが、当初は15分レースだったはずのAメインは12分で行われたもよう。これまでも世界戦を長時間レースでやったことはあり、その度に選手たちからは不満が続発していたが、今年のそれは特に多かったようで、最終的に短縮されたみたい。だったら最初から普通に8分レースでやってほしい。

 なお、僕のタイムは他の組なら3位以上に残れたものだった。これはクリスマスツリー式の大会では仕方ないものだが、普通に8分間レースのベスト記録で順位を決めてた年もあるんだから、来年はそっちでやろうよ。

 準決勝で敗退したことにより、このク○コースをもう走らなくていいとホッとした気持ちもある。でもやっぱり悔しい方が大きいな。


 あまりたのしくなかった。

« 2023年11月 | トップページ | 2024年1月 »