無料ブログはココログ

« クレストナイトレース19年7月 | トップページ | なんかスゴいのキタ »

2019年7月15日 (月)

パルナイトレース19年7月

 6月のナイトレースに関する僕のブログを読んだT選手から「ハセガワさんのクルマにはおもしろギミックが付いていたんですね」と言われてしまった。一応正式名称は「インディペンデントリヤウイングマウント」なのだが、長いので僕も「おもしろギミック」とか「おもしろシステム」と呼ぶことにした。

Rr08_20190715011501
参考画像。これが「おもしろシステム」だ

 前回のシリーズ戦ではロクにテストをせずに実戦投入してしまったので、今回はじっくりテストをしてからレースで使うかどうかを決めることにした。幸いなことにレース開催日は仕事もなく、昼前にはパルに到着。問題はいつ雨が降ってもおかしくない空模様の方だった。実際、時々パラパラ小雨が落ちてたし。
 しかし、雨ばっかりのここ最近の休日では珍しく日中はなんとか持ちそうという天気予報もあってかパルは大盛況。午前中からかなりの人が走行させていた。

1907pal1  
1907pal2
屋根付きピットがほぼ満員で、遅めに到着した人は外にピットを構えた


 この日は1日微妙な雨が降ったり止んだりで、ラジコンを走行させるには特に問題ないのだが、いつ本降りになってもおかしくはない状態。本来ならとっととおもしろシステムのテストをすべきなのだが、日中とレースの行われる19時以降ではけっこう路面コンディションが変わることもあり、まずはデイレース仕様の17.5Tブーストツーリングからテスト。前回試走させてもらったT選手車のイメージを再現するためアレコレ試し、かなりの好感触を得ることができた。そして夕方になって「あと5周だけテストしよう」と出て行った時にクラッシュして右前足を折りました(泣)。でもまあクルマのセットは進んだのでよしとしよう。

 そして16時半ごろからまずは12分の1の「パルで遊ぶ君」を走らせて目慣らしを行い、いよいよおもしろシステム搭載のF103改を投入。走り始めはタイヤが削りたてだったためにやや不安定なのかと思ったが、しばらく走らせてみてもコーナーでの安定感が薄い。特にコーナー進入とエイペックス付近からの加速に気を使う感じ。今回は約1年ぶりにTバーを新品にしているので、その固定ビスの締め込み量も調整してみるが、やはりちょっと不安定。しかしタイムはそんなに悪くない。
 時間に余裕があったから、ここで一度ノーマルのリヤウイング固定法に戻してみることにした。システムの交換に要する時間は3分ほど。で、ウイング固定法以外は同じ仕様で走らせてみると、明らかに安定感が違って走らせやすい。すでに8分以上走ったバッテリーにもかかわらずラップタイムも速くなってしまった。本当はここでもう一度おもしろシステムに戻してテストするのが正しいのだろうが、レース前の準備もしっかりやりたいから、今回はノーマル仕様で臨むことにした。

 レース開始時刻の19時が近づくに連れて空も怪しくなり、果たしてレースをするべきなのかお店側と参加者で協議を実施。その結果「とりあえずやれるところまでやろう」ということになり、予定より10分ほど遅れて予選を開始。今回はミニクラス/4名、F1/9名、ツーリング(ノンブースト)/16名というけっこうな参加者数で、とっととレースを回していかないと進行も滞ってしまいそう。僕はツーリングクラスの予選第1組のレースアナウンスも担当しました。

 F1クラス予選は第2組で出走。ナイトレースの予選は3分走行中のベストラップタイム方式。2回の予選を行い、その中の最速ラップで予選順位が決定するが、予選第1ラウンドが終了してしまえばレース成立のため、とにかく早めにタイムを出しておく必要がある。まずは第1組でT選手が好タイムをマークし、これが当面のターゲットになる。
 そして僕の組がスタート。まずは慎重に1周して「けっこうグリップする」と確認。いつ雨が降ってもいいように次の周から渾身のアタックを実行したところ、うまい具合に2周目で総合トップのタイムを記録できた。その後も3分経過までタイムアタックし、2周目のタイムに近いところまでいったが、結局第1ラウンドはこの2周目のタイムでトップに立てた。

 その後も微妙な天気は続いたものの、ミニクラスの予選第2ラウンドまで無事に消化。しかし、F1の第2ラウンド直前に若干雨足が強くなり、レースは行ったが自己ベストを更新した選手はいなかった。これで僕のTQが決定した。F1クラス終了後はなぜか雨足を弱まり、ツーリングクラスの予選第2ラウンドでは自己記録を塗り替える選手もちらほら。なんで一番雨に弱いスポンジタイヤのクラスの時だけ降るかなあ?

 予選ラウンドはすべて消化できたが、この後にまた雨が強くなり、結局決勝ラウンドはキャンセルとなってしまった。ということで規定により、F1クラスは予選トップの僕が優勝。労せずして優勝ポイントがもらえたが、今回はクルマの仕上がりも悪くなかったから決勝にもそこそこ自信はあった。次回はちゃんと決勝もやって勝てるといいな。

 まだ十分にテストしたとはいえないが、インディペンデントリヤウイングマウントには正直あまりいい印象はない。このシステムって、ナロートレッド+ゴムタイヤで、下限に対して車重に余裕のあるETS規定のF1にはいいのかもしれないが、ワイドトレッド+スポンジタイヤ、グリップ剤は禁止というパルのレース用マシンには合わないのかもしれない。せっかく作ったのに……。でも、僕はここで意地になっておもしろシステムを使い続けるのではなく、レースで勝てる可能性が高い方をチョイスする性格です。

« クレストナイトレース19年7月 | トップページ | なんかスゴいのキタ »

雑記」カテゴリの記事

カテゴリー

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31