無料ブログはココログ

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

2019年5月30日 (木)

前に出る

Lsm19
ちまちまと塗っていた新兵器がついに完成


 イタリア・ビッティデザイン社初の12分の1ボディ「LSM19」を買ってみた。買ったのは発売直後だったが、それから12分の1を走らせる機会もなかったので、のんびり塗装を進めていた。で、この度めでたく完成。今週末のクレストナイトレースでテストする予定。もちろん、テスト結果がよかったらレースにも投入する。
 このところはチームボンバーの超軽量Ketterで調子がよかったのだが、このLSM19はKetterとは違ってコクピットがかなり前に来ている。すでにバギーでは定番になり、ツーリングでもじりじり進行しつつある「フォワードキャビン」スタイルをとり入れたかたちだ。このブログでも何度か書いているが、僕はこのフォワードキャビンスタイルがけっこう好き。その理由は70年代後期から80年代中期までの実車F1のスタイルを彷彿とさせるからである。当時のF1は大容量の燃料タンクをドライバーとエンジンの間に抱えていたため、必然的にドライバーが前寄りに座ることなった。そしてこの時期のF1が大好きな僕にとってフォワードキャビン(コクピット)は“カッコいい”の基本でもある。


Mp4_2c
こんな感じ(※写真はマクラーレンF1チームのウェブサイトより引用)

 上の写真は86年のマクラーレンMP4/2Cだが、今のF1に比べてコクピットが前にあるのが分かるだろう。しかし、このスタイルではクラッシュの際にドライバーの足が危険にさらされるということで、88年からは「ドライバーの足先はフロント車軸より後ろでないとダメ」との規定ができて、コクピットは後退することになった。
 さて、ここで改めてLSM19を見てみると、仮にコレが実車だった場合、ドライバーは足先どころか腰あたりまで前車軸より前に出ていることになってしまう。とても怖くで乗れたもんじゃないが、幸いなことにドライバーは車内にいないので大丈夫。安心して走らせられる。
 でも、僕の魂はいつだってマシンに乗っているぜ! 魂が乗っているからといって、走りが速くて正確とは限らないけどな。

2019年5月28日 (火)

AOC 上海 2019・その8

 さて、コントロールドプラクティスの開始である。レースの組み合わせでの走行とはいえ、スタートはけっこうアバウト。よく勘違いされがちだが、コントロールドプラクティスは、選手というより運営側のトランスポンダーナンバー確認やらなんやらの予行演習の色合いが濃い。なので、向こう側から見れば出場車両が走っていて、さらにトランスポンダーの確認がきちんとできればいいのである。選手の方からすると、レース前の最後のクルマ確認になるし、自分のヒートで誰が速くて誰がそうでないのか、そして自分はどのへんの位置にいるのかのチェックにもなる大事な機会である。また、クラスによってコントロールドプラクティスでのペース(たしか今回は3週連続でのベストラップタイム)順に予選の組み合わせが変更になったりするから、あんまり気を抜けない。が、僕の出場する12分の1モディファイドクラスは6名しか出走しないので、予選も同じメンツ。しかも前日の練習でだいたいのペースは把握できているから、そんなに気合を入れなくてもいい感じ。前日と違って今日はしっかり寝ているし、体調も悪くない、だから昨日よりいい走りができるだろうと臨んだこのラウンドでは無難に走行。クルマを壊さずに済んだ。そしてついに予選を迎えるのである。

 予選開始。1周目は3位のタイムで通過するも、2周目にクラッシュ! モーターがズレてしまいこの時点でリタイヤとなる。前日からほとんどクラッシュしていないのに、大事なところでやらかしてしまった。通常、こういうかたちでリタイヤした場合には、そのレースが終わるまで操縦台で待っているものだが、僕は右端に立っていたこともあり、計測室のスコッティと目が合った際に「降りていいよ」とのゼスチャーをもらったのでピットに戻ることにした。クルマを受け取ってチェックすると、モーターがズレてしまったこと以外に問題はないもよう。しかし、あの程度のクラッシュでモーターがズレるのは問題である。ええ、整備不良ですが何か? 幸いなことに、タイヤも減るまで走ってないので、そのままモーターを締め直し、各部をチェックしてタイヤに再びグリップ剤を塗って予選2回目を待つことにした。だが、僕はその時に気付くべきだったのである。自分の調子が悪くないと思っているのがただの勘違いであることを……。

 予選2ラウンド目まで時間はあるし、クルマの整備も特に必要ないので、今日は僕が昼ごはんの買い出しに行くことにした。目指す食堂は昨日の昼と夜も済ませた同じ店。だっておいしいし。最初は昼食が必要な数人で店に行き、各自で注文。もちろんメニューの指差しである。で、ヒートの順番が一番遅い僕と比較的余裕のあるA氏ができ上った持ち帰り仕様のごはんをピットにデリバリーするという案配だ。なお、T君は昨日と同じカレー炒飯を頼んでいた。おいしかったそうなのだが、せっかくなら他のメニューに挑戦すればいいのに、とは思った。もちろん、T君がそれでいいなら僕が口を出すことではない。

Aoc17
上海2日目のお昼はジャガイモ炒めのせご飯。前夜にN氏が食べていておいしそうだったのだ。はい、とてもおいしゅうございました


 食事後もまだ余裕があったので、一度ホテルの部屋に戻ってトイレを済ませ、ついでにちょっと休んでからまたサーキットに行った。ご飯とトイレのストレスがないレースっていいよね。しかし、余裕がありすぎてもよくないことを、この後に思い知るのだった。

【つづく】

2019年5月27日 (月)

雑草敗れる

 パルデイレース終了後は、東京の自宅には戻らず国道254号線を北上して群馬県高崎市の実家に。目的はガーデニングである。先週ちょっと来て確認した時には裏庭の雑草がけっこう伸びていて「そろそろ抜いとかないとマズいな」と思ったのである。

 で、洗濯とか掃除とかやった後にいよいよ草むしり開始、と準備して裏庭に行くと……。

Gar
アレ? なんだか勢いがなくなってる?

 ここ数日の間に除草剤を撒いたとかないようだが、よく見てみると、雑草がだいぶ枯れている。どうやら、このところの高温と乾燥で雑草もヤラれてしまった様子。「そっかー、だから36食わないんだ」などとは考えずに、枯れてしまった雑草も容赦なく抜いていった。だって、こうしとかないとまたすぐに伸びてくるからな。


 なお、先日の上原浩治選手引退に伴い、僕は「雑草魂」と「草魂」と完全に混同していたことが発覚。正直、今は野球にそれほど興味がなく、上原選手をちゃんと認知した時にはすでに巨人のエースだったので、彼が雑草魂のルーツだとは思いもよらなかった。いやー、ビックリ。ウチの雑草にはそんな根性なくていいです。

パルデイレース19年5月

 プチ多忙状態をほぼ抜けたこともありレースに参加。今回はレギュラーの運営&計測担当者がお休みだったので僕がこちらも担当。だがレースにも出る。


61507164_1553335741467586_28777341611273
ここがメインの仕事場でした


61523903_1294006687429728_47806923759345
ピット。ただでさえピットを散らかすクセがあるのに、計測場と行ったり来たりなのでさらに散らかる


 とりあえずレースは無事に進行&終了。僕はツーリングブーストクラスに出て7名中予選3位の決勝2位。この気温ならタイヤは36だろうと新品を用意していたのに、湿度がやたら低いせいかタイヤが機能せず、結局使い古しの32をだましだまし使って2位に入れたのでまずまず。36不調が予想外だったのは僕だけでなく、みんな急きょ32に変更。お店の在庫も気が付いたらなくなっていたため、中古の32を使わざるを得なかった。これは完全に外したなあ。


61180551_719470008486497_385547576948031
夕方の気温と湿度に注目。気温はいいのだが、湿度が低すぎてちっとも「モワッとさわやか」じゃない。喉はやたら乾くわ、お肌はガサガサになるわでロクなことがない


 早くちゃんとした夏が来ないかなあ?

2019年5月22日 (水)

ニキ・ラウダ

 3回のF1ワールドチャンピオンに輝き、近年はメルセデスF1チームのノンエクゼクティブチェアマンとして活躍していたニキ・ラウダ氏(オーストリア)が亡くなった。76年のドイツGPでのクラッシュにより瀕死の重傷を負い、そこから短期間でのカムバック。さらには翌年のタイトル奪還は有名な話で、それ以外にも引退から現役復帰して見事チャンピオンとなるなど、エピソードの多い人物であった。思えば、ニキ・ラウダという名は、僕が初めてきちんと認識したF1ドライバーの名前だったかもしれない。
 僕はニキ・ラウダのファンだったことはないが、やはり偉大な人物だと思うし、F1史に欠かせない英雄の一人であるのは間違いない。昨年に肺移植の手術を受けて、そこから快方に向かっているというニュースを目にした時には「さすが不死鳥」と思ったのだが、結局完全復帰を迎える前に肺炎と重度の腎機能不全で亡くなってしまった。享年70はいささか早いと思う。
 78年の映画「ポールポジション2」のサントラにはラウダを紹介するナレーションが入っていて「魂を持ったコンピューター」と評されていた。エンジニアリングにも通じていて、ドライビングは正確。まるで近代F1の象徴のようなドライバーだが、よく考えると、アラン・プロスト以降は走るコンピューター系のドライバーっていなくなった気がする。エンジニアリングが複雑になりすぎた弊害だろうか?
 ともあれ、偉大なるドライバーの眠りが安らかなものであることをお祈ります。

 これから、僕が子どもの頃にあこがれたドライバーの訃報を耳にする機会が増えるであろうことを考えるとちょっと憂鬱。例えその人が平均寿命を超える高齢であったとしても、残念なことに代わりはない。

2019年5月21日 (火)

AOC 上海 2019・その7

気を取り直して書き直し


 現地時間4月11日朝6時30分起床。寝つきが悪いわりに一度寝ると目が覚めにくい僕ではあるが、この時間にセットしておいたアラームではっきり目が覚めた。だいたい7時間半寝た計算になるが、寝覚めの瞬間はやけにグッスリ寝てたという感覚があった。睡眠負債の考えでいうとまだ前日の寝不足分は返済できていないが、それでもだいぶスッキリ感はある。髭を剃って顔を洗い、ホテル備え付けの湯沸かし器を使ってミネラルウォーターを沸かし、日本から持ってきたドリップ式コーヒーを淹れる。これに前夜ホテル近くのスーパーマーケットで買っておいた菓子パンと合わせて朝食にした。A氏は朝食もサーキット近くの食堂で済ませるというが、僕は子どもの頃から朝食はコーヒー+パンという習慣あるので、こっちの方が落ち着く。また、尾籠な話で申し訳ないが、06年に潰瘍性大腸炎を発症して以来、起床してから1時間くらいはお腹が落ち着くまで何度かトイレに行くので、出発までは自室でのんびりしていたい。朝食も済み、お腹も落ち着いたところでぼちぼち出発。前夜シャワーを浴びた後に急いで洗っておいた衣類はまだ乾いていないが、これは最終日に着る予定なので部屋の隅にかけたままにしておく。


Aoc14
朝ゴハンは菓子パン。これは中国のローソンで買ったもの。基本的に日本の菓子パンとそんなに変わりはない

 AOC上海の魅力のひとつに、ホテルとサーキットが近いということがある。部屋を出てからピットエリアまで、試しに計ってみたらちょうど3分だった。

Aoc15
ピットエリアになっているオフロードコース。屋根はあるが基本的にオープンエア。警備の人がいるので荷物は基本“置きっぱ”にできる。奥の建物がレース会場のインドアカーペットトラックだ

 ピットには8時ごろ到着。まずは充電を開始し、リヤタイヤにグリップ剤を塗る。この日は朝の自由練習が可能なようだが、前日に比較的よく走っているので、レースの組み合わせで行うコントロールドプラクティスまでゆっくり整備することにした。開会式の後にコントロールドプラクティスが行われ、本日は3ラウンドの予選が実施される。

 そうこうしているうちに、ピットエリアで開会式が始まった。レース主催者のリック・ワン氏とスコッティ・アーンスト氏が、レース進行の説明や諸注意を行う。当然ながら説明は英語と中国語のみ。どうせ後で他の日本人参加者に確認のため聞かれるのだから、と、僕は写真を撮りがてら前の方で説明を聞くことにした。

Aoc16
左がスコッティで右がワン氏。どういう経歴か知らないが、ワン氏の英語はほぼネイティブに聞こえる

 開会式では、レースに関する説明と、ワン氏から興味深いコメントがあった。すでに事前にフェイスブックでは告知されていたことなのだが、RCI V2サーキットでは、いわゆるコピーボディの使用を一切認めないという。もし使用している選手がいたら、レースを失格にすることもあるとのこと。自分の使っているボディがコピー品かそうでないのか分からない場合は主催者に聞いてくれ、とも。オリジナルボディには製作者のお金や時間が投資されているのに対し、安易なコピー品を使用するということは、結果として市場を破壊することにつながるため、ワン氏はそれを断固として認めないのだとか。すごくもっともな意見だが、失礼ながら中国でその言葉を聞くのは少々意外な気もする。もしかすると、ワン氏は自国の現状を憂いているのかもしれない。

 あとは日曜日のF1観戦に関する集合時刻などの説明があり、開会式は終了。いよいよAOC2019開幕戦上海ラウンドがスタートする。

【つづく】

2019年5月18日 (土)

5本指

 途中まで書いた記事が飛んでしまったショックにより、仕事に戻らずにネットを徘徊してたら興味深い写真を見つけた。まずは下の写真を見てほしい。

60406629_2341143232613612_14456153224417
写真はXRAYのフェイスブックページより引用

 ドライブしているのは、15年のEP世界戦4WDクラス&18年のEPツーリング世界戦優勝のブルーノ・コエロ選手(ポルトガル)だが、注目してほしいのが彼の右手。ステアリングホイールを5本指で押さえているのが分かるだろう。写真に見えているのは親指を除く4本だが、親指も使っているのはまず間違いない。つまりこの写真からは彼がステアリング操作に5本の指全部を使っていることが推察される。実は、僕もたぶん中学生の時あたりに5本指で操作するクセがつき、現在に至るまでそのままである。
 いやー、今まで5本指操作の人って会ったことないからやっぱりダメなのかと思ってたけど、思わぬ大物がいて安心したわ。



 やっぱりアタイ間違ってない。





 なお、たまたま写真がそう見えるだけで、実際は4本指操作かもしれないことは考えないものとする。

ショック

 7割がた書いた上海参戦記その7が編集画面上でいきなり消えた。最近ウェブページを見ていると、急にその前のページに戻っちゃうというトラブルが頻発しているんだけど、まさかブログを書いている時にそれが起こるとは……。これがブラウザに原因があるのか、僕のパソコンに問題があるのか、はたまた最近変更したマウスが悪さをしているのか分からないのだが、とっとと解消しておかないともっとヤバいことが起こるかも。


 ショックなので今日は書き直す気になりません。

2019年5月13日 (月)

プチ多忙継続中

 上海参戦記はちょっと書いてる時間がありません。でも土曜夜のパルレースには出ちゃった♪ だってそのために仕事してるし。前日の調整でアンプを逆接してしまい、その直後は作動したんだけどやっぱり現場ではダメで、レース開始前に慌てて交換。なんとか間に合ってドタバタの末TQ&優勝を決めることができました。今回は念のため用意しておいたかなり古いアンプを使ったんだけど、ドライバビリティの違いにはビックリ。特にブレーキの利き方がまるで違うので苦労した。で、新しいアンプを買うことにしたのでやっぱり働かないと。なので参戦記は後回し。そう遠くない将来に再開しようとは思っている。

2019年5月 6日 (月)

AOC 上海 2019・その6

 ここに来るまでずいぶん時間がかかった気がするが、ついにRCI V2サーキットでの走行が始まる。サーキットのカーペットは前週に貼り換えられているものの、すでに走行している日本のY兄弟に話を聞くと「食わないです」との答え。だったら用意したリヤタイヤで問題ないはずなので、あとはフロントとのバランスである。持ち時間は1時間のうち5分だけ、ここからは無駄にできない。ほぼ徹夜状態で体は疲れているが、意外に頭は冴えていた。

 ということで、コース入口のエントリーエリアに電源を入れたクルマを置き、階段を上って操縦台へと進む。この構造がなかなかよくできていて、基本的に助手がいなくても走行やレースに支障はない。そうこうしているうちに1420分に走行開始。時間区切りのアナウンスはないので、まだ他のカテゴリーが走っていてもスタートしてしまった。だって、こうでもしないとストップしてくれない人もいるんだもん。慎重に走り出すつもりが、気が付くと2周目にはレースペースで周回を始めていた。自分で言うのもなんだが、僕は初コースへの適応は早い方だと思う。ただ、初っ端からけっこういいタイムを出す割には、その後の伸びが少ないという問題もあるが。


Aoc08
レースが行われたRCI V2屋内サーキット。それほど広いコースではなく、走った感じはクレストスピードウェイとほとんど同じか気持ち大きいくらい

 とはいえこの段階でのクルマと運転手は悪くなく、そこそこのペースで走って5分を終えることができた。ホッとしつつピットへと戻り、次の走行時間に備えて準備することにした。食わないだけあってタイヤはそれなりに減っているが、5分以下の走行時間なのでまだ使える感じ。そもそも、走り出しがフロント/43ミリ、リヤ/44.5ミリとデカかったし。なので左右のタイヤを入れ換えてリヤタイヤにグリップ剤を塗り、バッテリーを充電して1520分を待つことに。とりあえずクルマの調子は悪くないから、まずはコース慣れを優先してセットはそのまま。1620分の走行からは少しずつセットを変え、まずまずの感触で練習が進んだ。

 不思議なことに、かなり疲れているわりに走行中に大きなミスはほとんどなかった。3回目の走行からはそれなりコースも攻めたし、セッティングをいじっていたにもかかわらずだ。この時は「僕ってまだまだ若いじゃん♪」とか浮かれていたのだが、そうではないことを後で存分に思い知ることになる……。
 練習走行が可能なのは21時まで。21時から0時はここまで走ることができなかった選手の占有時間帯となる。夕方になって留学先のアメリカから戻ってきたリック・ワン氏の息子、JJ・ワンは、21時からの練習に向けて準備を進めていた。T君は20時台も練習するというが、僕は1920分からの練習を最後にすることにした。まだまだやり足りない感はあるが、あんまり根を詰めると翌日以降に支障が出そうで……。

 1925分で僕の走行は終了。まずは散らかりっぱなしのピットを整理し、翌日からのレースに備えた。そして荷物から着替えと洗面道具の入ったケースを出し、サーキットから歩いて3分のホテルにチェックインに行くことにした。ホテルの場所はすぐに分かったが、チェックインの際に予想以上に英語が通じないことにはちょっととまどってしまった。が、これもA氏からの事前情報である程度は覚悟していたので、大きな問題はなくチェックイン完了。鍵を受け取って部屋に入った。


Aoc12
今回の宿・錦江之星(ジンジャンイン)上海ズアンキオ店。※写真はホテル予約サイトより流用。写真では立派だが、実際はもうちょっとくたびれた感じ


Aoc13
バスルーム。特別キレイではないが不快に思うほどではない


 部屋は日本でいう普通のビジネスホテルよりちょっと広い。ベッドは大きめだが使うのはもちろん僕一人。清潔さもまあまあレベルだが特に問題はない。なお、バスタブはなくてシャワーがあるのみ。僕は日本にいても湯船に浸かることはほとんどないので、特に不便に感じることはない。まずはゆっくりトイレに入り、洗顔してからサーキットに戻った。

 その頃T君も最後の練習走行を終了。すでにA氏や知人のK氏、N氏も練習を終了しており、夕飯は彼ら3人とT君、僕の5人で行くことにした。A氏のオススメはホテルの向かいにある食堂で、昼食の炒飯もそこで調達したものだという。いったんT君とホテルに行き、T君のチェックインを手伝ってから食堂に行った。

Aoc09
近所の食堂。結局ご飯はほとんどこの店で済ませた


Aoc10
読めそうで読めないメニュー。なんとなく内容を想像して指差しで注文


Aoc11
初日の夜は漢字が読めた青椒肉絲かけご飯。とてもおいしかった。


 おいしい食事に満足し、ホテルに戻ってシャワーを浴びた。そして手早く髪の毛を乾かして23時ちょっと過ぎにはベッドに入った。ふだんは寝付きの悪い僕だが、さすがにこの夜はベッドに入った瞬間に落ちてしまい、翌朝の目覚ましが鳴るまで熟睡してしまった。

【つづく】

 

2019年5月 2日 (木)

シーズンイン

 ゴールデンウィークだろうが仕事が立て込んでようが上海参戦記を放置していようが雑草が伸びるのは待ってくれない。ということで、今年も実家裏庭の雑草刈りがスタートした。ホントは4月から始めたかったのだが、4月もアレコレ忙しくてやるヒマがなかった。


Dsc_0140 
去年業者さんが撒いてくれた除草剤が効いているのか、昨年ほどはうっそうとしていない。でも、けっこう雑草は生えてる

 今回は刈るのではなく抜くことに専念。あんまり一気にやるとせっかく調子を崩しにくくなった腰への負担が怖いから、ちょっとずつ雑草を抜いていくことにした。すぐにたくさん生えてきちゃうとは思うのだが、少しでも抜いておかないと後で大変。

 現在は連休にできないから、5月末あたりを個人的ゴールデンウィークにしよう。フリーランスなんて、ちょっと仕事がないとすぐに無給休暇になっちゃうんだけどさ。F1の大物関係者みたいに、ガーデニング中も誰かお給料くれないかなあ……。

2019年5月 1日 (水)

2019年5月スタート

 元号が変わったり、この時期にしては寒い日が続いたりしているなか、今年のゴールデンウィークはなぜか仕事が忙しい。AOC上海参戦記もプチ放置状態になっているが、ちょっと腰を据えて書けない感じ。元々人さまのお休みと僕の休みはズレていることが多いので、それ自体はあまり気にしていないものの、やはり仕事ばかりは嫌。でもまあ、もうしばらくはあんまり遊べないかなあ?

 寒いので愚痴っぽくなっています。





 早く夏来い。

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

カテゴリー

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30