無料ブログはココログ

« クレストナイトレース18年11月 | トップページ | 分割開催 »

2018年11月 6日 (火)

ニコイチ

 先日のクレストスピードウェイ・ナイトレース練習にて、不幸な事故によりお亡くなりになってしまったXRAY純正シャフト改造型リジッドアクスルシャフト。シャフト部分はもう使えないが、スパーギヤ装着部分はまだ使えそうなので再利用することにした。

01
珍しい場所から折れた

02
シャフト再生のためにコレを用意。右はツーリングカーのホイールハブを固定するためのM1.6ネジで、左は昔F1のウイング補強用に買ったミニ四駆用FRPプレートセットに入っていた内径2ミリのカラー

03
で、こんなかたちでデフリング(スパーギヤ)ホルダーをどこの家庭にもある万力で固定

04
万力をぐりぐり締めていく

06
そうすると、ホルダーとシャフトを固定するピンが抜ける。ここまで出てくれば、後はペンチでピンを引っこ抜くだけ

 レンチの先端などでピンを押すだけで外れる場合もあるが、今回のシャフトはかなり強力に固定されていたため、万力君に頼ることにした。ボール盤の先端にドリル刃ではなく切ったピアノ線などを固定し、万力でくわえせさせたシャフトのピン部分をグイっと押すという方法もある。どちらの作業も一般家庭にある万力とボール盤を使えば簡単に行える。

07
キレイに外れました

08
同様の方法で、今は使っていない小径デフリング用シャフトからデフリングホルダーを外しておく。このシャフト、ベアリング保持部の摩耗も少ないから、捨てられずにとっといたんだよね。こういうものがたくさんあるから、いつまでたってもウチが片付かない

09
そしてスパーギヤ固定穴の開いたホルダーと、上のシャフトを合体させ、今度は万力でピンを圧入すればOK
 
 もちろん、リジッドアクスル用シャフトの新規購入も考えているのだけれど、まだまだけっこうなペースで折りそうだから、使えるものはみんな使うことにした。だって僕って貧乏性なんだもの♪ もし何かの間違いで億万長者になっても、スポンジタイヤの3枚おろしは続けると思う。


10
ついでにやはりレース前の練習で曲げてしまった2019仕様の左側モーターマウント(バルクヘッド)も直すことにした。こっちは万力二つと軸径が3ミリのドライバーを駆使してなんとか直せた。だってほら、新品買うと高いじゃん。

 なお、この間パルでラジコン仲間から「一度曲がった金属って、まっすぐに戻しても完璧に元と同じ寸法にはならないですよね?」と質問されたが、これに対する答えは「それには気が付かなかったことにする」あるいは「元に戻ったと決める」の二つが正解です。要は使えりゃいいのよ、使えりゃ。

« クレストナイトレース18年11月 | トップページ | 分割開催 »

雑記」カテゴリの記事