無料ブログはココログ

« 18年12分の1全日本選手権と草刈り | トップページ | クレストナイトレース18年7月 »

2018年7月 4日 (水)

ソリッドアクスル

 先に開催されたJMRCA12分の1電動カー全日本選手権で優勝した永島友吾選手のマシンには、これまで一般的だったボールデフの代わりにソリッドアクスルが使用されていた。ソリッドアクスル、またはリジッド(リジットじゃないよ)アクスル、スプール、デフロックなどとよばれるこの動力伝達機構は、要するにコーナーリング中の左右タイヤの回転数差を吸収するデファレンシャルシステムを持たないもので、当然ながらコーナーでは左右どちらかのタイヤを滑らせながら走ることになる。この機構だとうまく走ることができなさそうだが、実際にはこのソリッドアクスルを持つRCカーは多く、GPオンロードカーのリヤやEPツーリングのフロントにも使われていて、うまくセットができればデフ以上の速さを発揮することも多い。実際永島選手はそれで勝ったわけだし。

 12分の1でソリッドアクスルが効果を発揮するのは路面グリップが大きく上昇した時で、マシンはハイグリップを活かして大きくロールし、それによってコーナー内側のリヤタイヤが空転しながら旋回を行う。しかもこの時にボールデフでは避けられないスリップが発生しないので、旋回中も駆動力が抜けず、マシンが直線状態、つまり左右タイヤの回転数差がなくなったときに、ロケットのように加速していくのである。ボールデフでは、デフボールとリングがあえて滑ることでLSD(ヤバいクスリじゃなくリミテッドスリップデフね)効果を出して加速性能を高めるのであるが、LSD効果を必要としないほどグリップが高いのであれば、ソリッドアクスルに分があるということ。

 もちろん、ギヤを使ったデフならばこの“滑る”という状況を回避できるが、LSD効果が得られない上にボールデフより重くなってしまうというデメリットもある。とはいえ、それは設計や素材の工夫でなんとかなりそうだし、つい先日販売が開始されたXRAY製DDカー用ギヤデフは、想像以上に軽く仕上がっているという。デフケースに入れるオイルの粘度で広範囲に作動特性が変えられるという大きなメリットもあり、今後はこのオイル封入式ギヤデフが使用される機会も増えそうだ。

 実は、僕自身も雑誌の企画を兼ねてソリッドアクスルをテストした経験がある。この時は路面グリップが十分とはいえない状況だったためにメリットを享受できなかったが、ホームコースであるクレストスピードウェイの指定グリップ剤にFunny Gripが追加されて路面グリップも上がっていることだし、再びテストしてみたいとは思っている。もちろん、XRAYのギヤデフもやってみたい。問題は手持ちのパーツで作れたソリッドアクスルに比べてXRAYギヤデフはそれなりのお値段がしてしまうことなんだよなあ。

 あ、ボールデフにカワダ製クラッチブッシュを組み合わせた“重デフ”はすでにテストしていて、最近のクレストでは通常の“スルスル”ボールデフよりいい結果が出てます。

 さて、今週末のクレストナイトレースではどれを使おう?

« 18年12分の1全日本選手権と草刈り | トップページ | クレストナイトレース18年7月 »

雑記」カテゴリの記事