無料ブログはココログ

« TQではあったが | トップページ | Haloではない »

2018年6月 6日 (水)

IRCC2018終了

 毎年この時期にセントレアこと中部国際空港で開催されるIRCC。その2018年度大会も無事に終了しました。参加された選手、並びに関係者の皆さまお疲れさまです。

 僕もこの大会には毎年行っていて、今回は12分の1モディファイドクラスに選手としても参加。しかし、メインの仕事は英語が必要な組のアナウンスとレースの進行、そして選手として参戦するスコッティ・アーンスト氏のメカニックだ。なので自分の12分の1は基本的にバッテリーとタイヤの交換以外行えなかった。ま、イニシャルで持ち込んだセットでわりと走ってくれたからよかったけど、あそこまで走るなら、もっとセットを進めたかったという気持ちもある。しかし、こればかりは仕方ない。でもまあ、Bメインでトップ争いできたからいいや。

 今回、スコッティが使用したマシンはスパイス製ヨコモ・BD7 FFコンバージョン。配送業者の遅延などがあったものの、レース開催週の火曜日には届き、なんとか実家近くのサーキットで5分×4パックの事前テストはできた。

Test
テストでのボディは手持ちのタミヤ・シロッコを使用

 そして迎えたIRCC本番。スコッティ号ははじめから快調で、ハイレベルなAOC FWDクラスにおいて予選6位を獲得できた。コレってけっこう大したものよ。

Spice_ff
レース仕様。ボディはこのクラスの定番ともいえる京商・プリウスに換装。

 実は、事前テストで初めてこのスパイス・BD7 FFをドライブしたのだが、あまりによく走るので正直驚いた。最初の3パックはギヤ比やサス回りのセットに費やしたものの、最後はクルマを走らせることそのものを楽しんでしまった気がする。

 この場を借りて、マシンやパワーソースを貸与してくれたスパイス様、ゼノンレーシング様、ゼロトライブ様にお礼申し上げます。

 なお、大会期間中は忙しすぎて、写真を1枚も撮っていません。

« TQではあったが | トップページ | Haloではない »

雑記」カテゴリの記事