無料ブログはココログ

« 廃材利用 | トップページ | 南足柄プロジェクト »

2018年1月14日 (日)

パルナイトレース18年1月

 表題の内容に行く前にお悔やみをひとつ。

 IFMAR(国際モデルカー連盟)会長の“ダラス”・マティースン氏(スウェーデン)が逝去されたとのこと。このところ彼のフェイスブックでは、手術したなどの話題もあったのでどこか身体を悪くしていたのかもしれないが、特に重病という感じでもなかった(書かなかっただけかもしれない)から、驚きである。彼に初めて会ったのはたぶん98年の12分の1世界戦イギリス大会で、翌年には8分の1GPオン世界戦フランス大会で再会。その後00年には電動オンロードカー世界戦日本大会でインタビューに応じてもらい、それから何度も話す機会はあった。ラジコンカー連盟の会長とは思えないいかつい風貌ながら、気さくな人柄で、ラジコンレースを愛する人物だった。亡くなった原因は不明ながら、享年69は若すぎると思う。

 ご冥福をお祈りいたします。

 さて、1月13日(土)は埼玉県川越市のスピードウェイ・パルナイトレースシリーズの18年第1戦である。今回は16時からコースレイアウトの大幅変更を行い、完成後すぐにレースを実施するという特設チックなイベントになった。

P01
コース改修作業中。作業の中心となったのは本業が大工さんのYT氏。お疲れさまでした。※写真提供・浅沼氏

P02
僕が描いた新コースのレイアウト案を元に、みんなで相談しながら実際のレイアウトを決定。「ここはもっと狭く」とか「いや、広い方がいい」などと皆勝手なことを言う(笑)。

 そしてなんとか19時前にコースが完成。10分間のフリー走行の後にレースを開始した。今回はレイアウト変更に加えてレースの進行も行い、もちろん選手として参加もしたのですごく忙しかった。

 で、F1クラスでは改修直後の宿命ともいえる薄いグリップの路面を制してTQ、優勝、ファステストタイムの満点で終えることができた。年間タイトル防衛に向けて上々の滑り出しである。

Pal_new
コレがパルの新レイアウト(写真はスピードウェイ・パルのフェイスブックページより引用)。前のレイアウトより高速型になり、初心者にも走らせやすくなっている(はず)。周回方向は今年6月いっぱいまで反時計回りの予定だ。

 新レイアウトでのレース動画がさっそく動画サイトに上がっているのでリンクしておきます。
ツーリングクラス決勝1回目
ツーリングクラス決勝2回目

 次回のナイトレース開催は2月10日。皆様のご参加をお待ちしております。

« 廃材利用 | トップページ | 南足柄プロジェクト »

雑記」カテゴリの記事