無料ブログはココログ

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月30日 (金)

というわけで その2

 29日は埼玉県川越市のスピードウェイ・パルでラジコンやってました。主に走らせたのは下の2台。

161229pal1
このふたつを代わりばんこに走らせた。

 日中は風もなく比較的すごしやすかったのだが、17時をすぎたあたりから一気に寒くなり、最後は路面グリップもかなり下がってしまった。

161229pal2
最後はコイツで走行。アソシエイテッドRC12L3“P”。通称「パルで遊ぶ君」である。写真のピントが合っていないのは寒さのせいです。

 さすがに冷えた路面でのモディファイドクラス12分の1走行はそれなりにキツいものもあったが、とにかくコレで2016年を締めた。やはり最後は12分の1で。もちろん17年初走行も12分の1になる予定である。

 さて、明日も何か書くかもしれないが、念のためにお約束のひと言を。

「皆さま、よいお年をお迎えください」

2016年12月28日 (水)

というわけで

 何が「というわけで」なのか自分でも分からないが、昨日は群馬県佐波郡のクレストスピードウェイで練習してきた。佐波郡の隣にある高崎市の実家に用事があったので、前日夜に高崎に移動して用事(所要時間約2時間)を済ませ、そのまま泊って昼前からクレストに行き、夜までテスト&練習してから東京に戻ってきた。

Dsc_0980
路面もよくなかったからタイム的に見るものはなかったが、今月頭の絶不調からは脱出できた気がする。


 ところで、来年の12分の1全日本が9月15~17日に茨城県の谷田部アリーナで開催されることが発表された。今年と違って開催時期的には出場できそうだけど、現状の出場へのモチベーションは2%くらい。常設コースの全日本だと、成績を残すには練習に通う必要があり、僕にはこうした状況があまり好きではない。ま、時間は十分にあるからゆっくり考えよう。

2016年12月27日 (火)

自作というほどでもなく

 ジョージ・マイケル氏のご冥福をお祈りします。特にファンというわけではなかったが、世界的な著名人が若くして亡くなると、驚くと同時に残念に思う。53歳ってやっぱり若いよね。彼にしろマイケル・ジャクソンにしろプリンスにしろ、あそこまで輝いた人って、人間の一生分のエネルギーを一気に燃やし尽くしてしまうんだろうか?

―閑話休題―

 8年前に購入し、主に仕事用のデータを保存してきた500GBの外付けハードディスク(HD)がいっぱいになったため、新しいHDを導入することにした。そこで問題は容量とメーカーである。僕はこの方面あんまり詳しくないのでとりあえずググってみると、何やら出来合いの外付けHDは、同メーカーの同規格品であっても、中に入っているハードディスクドライブのメーカーが違っていることがよくあるという。で、中には地雷のメーカーもあるとか。そうはいっても、家電量販店や某密林ネットショップで売っている奴なら、不良品だった場合や早期の故障にも対応してくれるのだろうが、仕事で使う以上、できればトラブルが出る可能性は低くしておきたい。そこで思いついたのが「外付けHDの自作」である。
 これも調べる前は、自作HDというのは秋葉原やマニア向け通販ショップでパーツを買って、かなりのレベルまで自分で組み立てる必要があると思っていたのだが、どうやらハードディスクドライブをバルクで買って、あとは専用のケースに組み込めばよいことが分かった。それでも「外付けHDの自作」というのだとか。
 外付けHDを自作することのメリットは、内蔵HDの銘柄や規格を自分で選べることにある。反面、価格面では完成品の外付けHDより割高になる場合も多い。とはいえ、千円2千円の差だし、とりあえず大丈夫そうなメーカーを選べるのなら、と自分で組み立ててみることにした。で、買ったのがコレ↓
Hd01
とりあえず無難なブランドで無難な製品を選んだ。しめて8980円(送料無料)なり。

Hd02
HDの容量は2TB。実はまだウィンドウズXPのパソコンを接続することがあり、そうなると基本的に2TBが限界になる(らしい)。これも今回いろいろ調べてて「2TBの壁」という言葉を初めて知った。500MBをフルにするのに8年かかったし、しばらくはこの容量があれば大丈夫だろう。

Hd03
ケースは玄人志向ブランドのヤツ。僕はこの方面素人ですけどね。

Hd04
付属する説明書は英語表記のみ。でもまあ写真付きだし特に問題はない。

Hd05
んでHDDを袋から出してケースに組み込む。なお、今回の作業でこの段階がもっとも緊張した。僕は乾燥体質で静電気が発生しやすく、過去にはイ○グル模型とLR○の充電器を静電気で壊したという実績がある。どちらも冬場に使っていて、―充電終わったから停止スイッチを押そう→ポチっと→パチン!→液晶ブラックアウト―というパターンである。今回の作業も同じになってしまうと悲惨なので、まずはあちこち触ってしっかり放電してからHDDを触った。

 ここから先は6本のビスを締めるのみ。

Hd06

Hd07
んであっさり完成。とても「自作」というレベルではない。こんなんなら、ふつうのラジコンカー組み立てる方がよっぽど大変である。

 そして“自作”外付けHDは問題なく作動し、現在はこれからも比較的頻繁に使うデータを500GBのHDから鋭意移植中だ。

 ということで、下調べやら機種選定やらでさんざん時間を食ったわりに実際の作業は数分であった。さあ、これでこの年末休みの課題をひとつクリアできたから、心おきなくラジコンを走らせられる。

2016年12月26日 (月)

時間はあったので

 25日は某オタクの聖地の某所で食事してケーキを食べたのだが、クリスマス感はまったくなかった。元々それを求めてなかったけど。なお、場所が場所だけに、食事の前にラジコン屋さん巡りをしていたのはいうまでもない。さて、体力も回復してきたし、年内の残務処理をしつつラジコンモードに入るか。

Img_20161225_190029
分かる人にだけ分かるタイプのクリスマス期間限定ケーキ。味は期待していなかったのだが、意外とうまかった。

 今週はけっこうラジコンやる予定です。といっても2日だけ。

2016年12月24日 (土)

明日はEPS-J最終戦ですが

 明日はタイトルのレースが谷田部アリーナで開催されますが、僕は出ません。仕事自体は年末進行のおかげでいつもの月より早めにカタがついたのだけど、まったく準備ができていないのでパスします。それと冬の早起きが辛いので。
 今回は去年の苦い経験を踏まえてエントリーはせず、出るかどうするかをエントリー締め切り日まで保留にしていましたが、風邪もまだ抜けきっていないし、準備不足でレースに出てもロクなことにならないので辞めることにしました。それと冬の早起きが辛いので。

 レースに出場される皆さんのご検討をお祈りします。






 ホントに冬の早起きって拷問以外の何ものでもないよね。

2016年12月18日 (日)

坐骨神経痛

 喉の痛みと鼻水はだいぶ収まってきたが、前記の症状より遅れてやってきた筋肉痛は一晩経っても直らない。そこで、別の用事もあったので内科医でもある父親に電話した。

「風邪引いたらしくて喉が痛くて、鼻もかんでばっかりだったんだけど、それは今日(土曜)になって収まってきた。だけど腰から右足の太腿の後ろあたりが痛くて、特にイスから立ち上がる時にキツいんだ。最初は風邪から来る筋肉痛だと思ったんだけど、コレって別の原因かな?」
「いや、それは坐骨神経痛で、おそらく風邪と関連あるだろう。最近どこか寒いところに行かなかったか?」
「うん、月曜と火曜はけっこう寒い場所で取材してた」

 月曜はパルで取材(テスト)と撮影していて、20時ごろの撤収時には気温5℃を切っていた。そして火曜日は谷田部アリーナで取材。ピットはそれほどでもなかったが、オンロードコースサイドはやっぱりけっこう寒かった。風邪引いた時に、寒いところにいたせいだ、と誰でも考えるとは思うが、わりと断定的に父親がそれと病名を言い当てたのはやっぱりプロだな、と思った。実際、ネットで坐骨神経痛を調べてみると、ほぼ僕の症状と一致する。で、飲んだ方がよい薬と、痛みのある箇所を、貼るカイロなどで温めることなどを指示され、電話を切ってからそのようにしている。そして数時間が経過。痛みはまだあるものの、それ以前よりはずいぶん楽になってきた。やはり専門家に聞いてみるものである。
 昔は全然風邪を引かず、81年に2日ほど寝込んでから次に風邪らしい風邪を引いたのは91年。そこから05年まではやっぱりほぼ風邪を引かなかったのだが、06年に免疫系の疾患である潰瘍性大腸炎を発症してからはやたら風邪を引きやすくなってしまった。ホントに病気って嫌ね。

 で、何が言いたいのかというと、「全部冬が悪い」

2016年12月17日 (土)

ここ数日10分に1回くらい考えていること

 なんで自分は冬眠できる動物に生まれなかったのか? あるいは南国のお金持ちの家に生まれなかったのか?



 オマケに軽い風邪ひいて喉痛いし鼻水出るし筋肉痛もキツいし。

2016年12月11日 (日)

パルナイトレース16年12月

 今回はガンベイドを友人に託して僕はF1クラスのみに出場。予選を1位で通過し、決勝第1ラウンドはミスにより3位でフィニッシュ。第2ラウンドは無事にトップゴールできて、結果的にTQ&優勝、ついでにファステストラップの満点で終了しました。多分これが16年のラストレースになると思うけど、よいかたちで締めくくれてよかった。ちなみに友人もスモールクラスでTQ&WINでした。ホントは時計回りでのコースレコード更新も狙っていたのだけど、さすがに気温・路面温度ともに5℃ではスポンジタイヤ+グリップ剤なしのF1にはキツすぎた。なお、年明けから半年間は反時計回りになります。

Dsc_0972
今回から投入したZENのワイドタイプフロントウイング用ポリカウイングフラップ。いい感じで曲がるようになった。

 17年シーズンは1月14日に開幕。皆さんのご参加をお待ちいたします。

2016年12月10日 (土)

なぜか

 現在すごく忙しいというわけでもないのだが、ブログの更新をしていなかった。某社のツーリングを一所懸命作っていたから、ヒマだったというわけでもない。そして先週末のクレストレースは今期最低の成績。まだその原因究明はしていない。

 というわけで、今日(現在朝4時)はパルのナイトレースです。

 そろそろ寝よう。

2016年12月 3日 (土)

4日はクレストカップ

【悲報】 BMR-12間に合わず

 いやあ、ニコ・ロズベルグの引退にはビックリした。ここまで潔いのはカッコいいと思う。チャンピオン取ってそのまま引退というのはアラン・プロスト以来だと思うけど、プロストが4回目のチャンピオンだったのに対し、初タイトルで即引退、しかも年齢的にはまだやれそうというケースは本当に珍しい。第二の人生も満喫してください。

 さて、今週末は12分の1クレストカップです。これは毎月第1土曜日にナイトレースとして開催されているレースのまとめ的レースで、日曜のデイレースとして開催するのが特徴。お昼は慰労パーティみたいなかたちで食事会が催されます。そのぶんエントリー代はやや高くなりますが、一種の忘年会みたいなものだと思ってください。昔は炊き出しを行っていたけど、最近はコ○トコで入手したビザやら寿司やら肉やらデザートでパーティを行います。
 もちろんレースも予選3回決勝1回とたっぷり。しかも今回は常連に加えて全日本チャンピオンとか全日本TQとか世界チャンピオンなどの参戦もあり、ローカルレースとは思えない、恐ろしいほどレベルの高いレースになると思います。決勝を見るだけでも十分に価値があるでしょう。ストックとラバーフォーミュラのレースも開催されるので、皆様もふるってご参加ください。

 さて、宣伝はここまでにして自分のことをやろう。今回のメンツではAメイン入りがかなり厳しそうだし。

2016年12月 1日 (木)

黒歴史終わる

 11月27日に2016年の実車F1シーズンが終わった。ニコ・ロズベルグ選手チャンピオン獲得おめでとうございます。ここからはレースを見た人前提の話題で、僕もパソコンの画面を左右に分割して、片方で仕事しながらもう片方で中継を見ていた。で、ハミルトンのあの作戦である。どうしてもチャンピオン取りたいのは分かるし、自分が最高の成績を残してもダメな時は相手を落とすのが勝負事の定石だと思うが、あまりにセコくてトリプルチャンピオンのやることとは思えなかった。89&90年のプロセナ激突も大概だったけど、あれには「相手と刺し違えてでも」という気迫を感じられたから今回のとは違う気がする。ということで、結果的にロズベルグがチャンピオンになってよかったよかった。ホントはベッテルとライコネンがゼロ勝でちっともよくないけど。

 そしてこの最終戦は、98年から続いたナローF1時代の終焉でもあった。97年に、翌年からF1の車幅が狭くなるという話題を知った時に「ウソでしょ?」と思ったらウソじゃなかった。そしてそこから18年もナロートレッドのF1を見る羽目になった。だが、その黒歴史もついに終わるのである。来年からのF1の予想図や、今年のタイヤテストの登場した暫定マシンを見ると、残念ながら90年代前半のマシンほどのカッコよさを感じないが、それでも車幅1800㎜のクルマよりはるかにマシだと思う。これなら来年もネット視聴の契約をしようかと考えるくらいだ。

 ああ、それにしてもホントにナローF1が終了してよかった。一時は僕が生きているうちにワイドに戻ることはないんじゃないか? と絶望していたのだが、これでまだしばらく生きる希望が出てきた。そして願わくば、ベッテルとライコネンが活躍しますように。

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

カテゴリー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30