無料ブログはココログ

2020年2月17日 (月)

AD

 僕はこのブログを携帯電話で見ることがほとんどない。基本的に書くのも見るのもパソコンを使っている。が、最近たまたま携帯電話で見てみたら、ちょこちょこと広告が出てくるのでビックリした。えーと、これってココログが勝手に入れてるもので、僕には一円も入ってきません。パソコンで見ても広告はないから、どういう仕様になっているのか分かりません。だいたい、基本的に内容がマニアックで、閲覧者数も少ないブログに広告入れても仕方ないでしょ。

 しかし、お金がちゃんと入ってくるなら、広告を載せることはやぶさかではない。

2020年2月15日 (土)

アルファタウリAT01

 ダラダラ仕事してたら深夜3時半を過ぎてしまったので、日本時間4時からのトロロッソあらためアルファタウリF1チームの2020年型発表会のネット中継を見る。が、ファッションブランドらしく新車の公開までたっぷりとファッションショーを見せられるハメになりげんなり。もちろん、チャット欄は世界のオタクから「もう勘弁してくれ!」「早くクルマを見せろ!」などの称賛の嵐。僕もこのチームに対する印象が悪くなった。で、ようやく公開された新車は予想どおり昨年型レッドブルをベースに近年のトレンドを入れたという感じ。サイドポンツーンのエントリーはここんちもフェラーリ型になった。

At01
画像はアルファタウリF1チームのTwitterから引用。レッドブルの今年型ほどにはノーズを細くしてない。チーム名変更に伴ってカラーリングも大胆に変更されたけど、僕は去年までの方が好きだなあ

 正直、このチームもドライバーや関係者に特に思い入れはない。だからあんまりがんばらなくてもいいです。でもハミ〇トンやフェル〇タッペンが活躍するよりはいいかな。

 ここまでいくつかのチームの新車を見たが「おお」というクルマはなかった。実はアルファロメオの新型画像も見ちゃっていて、これもそんなに感動はなかった。あとの望みはルノーとウィリアムズだが、個性という面ではそれほど期待はできない。技術進歩の否定になりそうだけど、誰かF1の設計チームからコンピューターを取り上げてくれないだろうか?

メルセデスW11

 そろそろマシン開発でポカをやってほしいチーム第1位(ハセガワ研究所調べ)のメルセデスが2020年型を披露。ここのお披露目YouTube番組も見たのだが、その内容は「え、コレだけ?」というものだった。それは同じ番組を見ていた世界のマニアも同様だったようで、チャット欄には「えっ?」とか「終わっちゃったの?」みたいな内容のコメントがあふれていた(内容が分かったのは日本語と英語のみだけど)。なんかものすごい肩透かし感があったから、この調子で新車も外してくれると助かる。しかしライバルとなるべきチームが「俺たち」だからなあ。赤い牛さんもどっちかというと外してほしい。

W11
画像はメルセデスF1チームのTwitterより引用。残念なノーズ形状はほぼ昨年型そのままで、サイドポンツーンのエントリーダクト付近の造形はフェラーリに寄せてきた。バージボード付近のゴチャゴチャ感も継承されているが、こういう形は好きじゃないので21年ルールではもう少しシンプルになるように規制されてるといいな。まあ、手堅いデザインで外した感じはしないよね。
 
 しかしメルセデスってほとんど外さないし、少々出だしが悪くてもシーズン中盤までに挽回してきちゃうから嫌。贔屓のドライバーが乗っているのだったら、こんなに頼りになるチームもないんだけど。

2020年2月14日 (金)

習い性

 現在、仕事の合間に12分の1とツーリングのボディを並行して塗っている。こんな時にいつも思うのが「ツーリングのボディってデカいな」ということ。そしてそう思う度に、僕の基準はやはり12分の1にあるのだと確認する。

Mandd
二つ並べるとツーリングのデカさがよく分かる

 12分の1の方は今週末に使う予定だからとっとと仕上げなきゃ。

マクラーレンMCL35

 日本時間の13日22時30分からの新車発表会中継をつい見てしまう。僕が子どもだった頃から考えると、発表と同時に新車が見られるのが信じられない。昔はヘタすると発表から1カ月遅れぐらいでレース雑誌に掲載されるのが関の山だったのに。発表会が始まると同時にMCL35が登場したのはイタリアの跳ね馬とはえらい違いだ。もちろん好感が持てるのはイギリスの方。新車は完全な去年からの進化型で、ノーズはいわゆる親指系なのだが、カラーリングの工夫ですっきり見せているのがいい。一昨年の後期型ノーズはひどかった(見た目が)からなあ。

2020_launch_car_4_bat_3q_v1_website
画像はマクラーレンのウェブサイトより流用。ユニークなのはリヤカウルの造形で、ここんちは気流をはっきり上下に分けるという思想なのが分かる。これがジェームズ・キー流なのか? 近年では珍しいカタチだよね。もっとも、テストが始まると変わってたりして

 某社とのアレコレですっかり日本では悪役になってしまったマクラーレンだが、個人的にはプロストやジョン・ワトソンがいた頃に好きなチームだったし、ここ3年のカラーリングも好きなのでベッテルとライコネンを邪魔しない程度にはがんばってほしい。

2020年2月13日 (木)

レッドブルRB16

 ここんちはけっこうクルマを変えてきた。エイドリアン・ニューエイは好きなデザイナーであり、チームもそんなに嫌いではないのだが、正直、ここのドライバーに特に思い入れはないのであんまりがんばらなくていいです。もちろんベッテルが乗ってた時はイチオシのチームでしたが。

Eqlppmaxkai0ebn
画像はアストンマーチン・レッドブルレーシングのTwitterより引用。この写真だとノーズがすいぶん細くなっているのが分かる。そしてそのノーズ先端の造形がスゴいんだよね

Eqkhqbwwsaaziov
しかしこの造形がカッコいいかといわれるとそうは思わない。ラジコンのボディでコレを再現しようという人は現れるのだろうか?

2020年2月12日 (水)

フェラーリSF1000

 日本時間の深夜2時30分に始まったフェラーリの2020年型F1発表会生中継を見た。イタリアらしくやたら大げさなセレモニーをガマンして見つつ、仕事もしていたのだが、さんざんもったいぶって出てきたマシンは昨年型とほとんど見分けがつかないほどの正常進化型だった。どうせコレはアンベイルバージョンであり、テストや実戦が始まれば空力デバイスの形状も変化するのだろうが、ここまで昨年型と変わらないと、ひょっとしてホントの新車が間に合わなかったんじゃないの? とも勘繰ってしまいそうになる。まあ、クルマの形状はともかく、ベッテルが勝ってくれればそれでよい。

Eqg7etjxyaaupxq
画像はフェラーリのTwitterより引用。外観上で目立つ変更は、2005年型マクラーレンに装着されていたものに似たホーンウイングがインダクションポッドの両脇から生えてるくらいかな

 さあ、寝るか。

HIRAPON営業時間変更

 今月1日にオープンした神奈川県川崎市の新RCサーキット「RCサーキットHIRAPON」の土日祝日営業時間が変更になるとのこと。これまでは平日も休日も16~23時だったが、2月15日(土)からは土日祝は11~18時になる。これで行きやすくなる人も多いはず。特にこの時期の夜は冷え込むことも多いので、日中に走行できることはいいんじゃないかと思う。詳細はHIRAPONのウェブサイトで確認のこと。また、今後は月曜定休(休日の場合は営業)になるそうだ。ピットなどの施設も充実した快適なサーキットなので、興味のある人はぜひ行ってみてください。

Hirapon-2002
照明設備が完璧なのでナイターでも視認性は抜群だが、路面とフェンスのコントラストがはっきりしているから日中も走らせやすい。路面グリップも良好だ

2020年2月11日 (火)

いまさら

 つい先ほど「シンナーってThinnerだから“うすめ液”なんだ!」と気が付く。何を今さらと言われそうだが、恥ずかしながら気が付いていなかった。つまりThinは日本語の“薄い”にそのまま対応する言葉なのだな。へー。その昔、音程の“高い”と位置の“高い”は英語でも日本語と同じHighを使うという話を聞いて言語の面白さを感じ、来世は言語学を専攻しようと思った記憶もついでによみがえってきた。ええ、今生はラジコンレースに注力しますので。

2020年2月10日 (月)

2020英国の旅・その5

 世間でいう正月休みもほぼ終わりの頃、イギリス旅行の最後の宿を予約した。13日(月)の夜はロンドンに泊まるつもりで、14日はロンドンプチ観光にあてることしてしていた。で、一番行きたかったのがロンドン自然史博物館だ。この施設には92年と98年にも行っているのだが、どうも僕が最後に訪れてからリニューアルされているようで、せっかくイギリスに行くならぜひとも見ておきたい。この博物館があるのはロンドンのサウスケンジントンと呼ばれる地区。ここならヒースロー空港にも地下鉄でダイレクトに行くことができる。ということで、予約サイトで価格や所在地からとあるホテルを予約した。なお、イギリスにはベッド&ブレックファスト(B&B)の通称で知られる簡易宿泊施設も多く、僕も過去に利用したことがある。しかし、B&Bの多くはトイレやシャワーが共同だったりして、安いぶんだけ不便な点もあるので、ここは普通のホテルに泊まってゆっくり過ごすことにした。実際にゆっくり過ごせたのかはこの旅行記の最後の方で……。

 こうして諸々の予約などを済ませ、早めにできる仕事を片付けているうちにすぐに出発前日を迎えることになった。この日はゆっくり目に起きて、当座の仕事を夜までに終わらせた。そこから荷造りを行い、夜は寝ずに翌朝成田空港に向かう。午前11時発の便なので、余裕を見て成田空港には9時ごろには着いている必要があり、そのためには7時前に自宅を出ることになる。そうなると最大の心配事が寝坊だ。特に最近は寝坊グセがあるので用心するに越したことはない。飛行機に乗っちゃえばたっぷり寝られるんだし。昔から海外に行く時はこのパターンで行動することが多く、少なくとも遅刻はしたことがない。ただ、問題なのは、昔の自分には体力があったが、今はそうした無理が効くのかどうかということ。この不規則な行動が、現地に行ってからの僕の体力にどう影響するかは分からない。

 荷造りを開始。まずは着替えを用意するが、今回は下着とヒ〇トテックシャツ、靴下、ポロシャツのセットを二つ、替えのジーンズを1本、パジャマの下とジャージの下を揃えた。全部で5泊するけど、下着類とシャツは3泊目まで毎晩洗濯すればこの枚数で足りる。ジーンズは出発時に履いていたものをガマンして3日、履き替えてから3日使う算段である。ホントはジーンズも最低2日に1回は洗濯したいんだけど、乾きが遅いし、暑い国に行くのではないから耐えられるだろう。あとは髭剃りと整髪料、念のためのシャンプー&リンスなどのお泊りセット。そしてドリップタイプのコーヒー6パックとミルクなども用意した。そして粉末洗剤をビニール袋に小分けしたものを持って行く。

 これでだいたいの準備が完了。ラジコンを一緒に持って行く時に比べて簡単で、重さも問題なさそう。実際、チェックイン時に計量したら、20Kgの荷物を預けられるところ8kgくらいしかなかった。ちょっと損した気分。

 余った時間は洗濯やVRCなどをして過ごし、いよいよ出発の時を迎える。ちょっと早めの6時20分ごろに自宅を出て、まずは電車を乗り継いで日暮里駅に向かう。しかし6時台から都内の電車ってそこそこ混んでるのね。皆さまお疲れさまです。日暮里駅から成田空港までは京成スカイライナーを使うのが便利だが、今回は貧乏旅のため在来線の特急を利用することにした。幸い日暮里から座ることができ、のんびりと成田空港へ。成田空港にも問題なく着いて、売店でハンドクリームなど、自宅になかったものを購入して荷物に詰め、自動チェックインと荷物預けも完了。久しぶりの成田空港をちょっとブラつくことにした。昔から、理由は分からないのだけど僕は空港がけっこう好き。特に何かを買うというわけでもないのだが、ブラブラしているだけでも楽しい。その間にコンビニでパンとコーヒーを買ってこの日二度目の朝食にした。そして念のためチョコレート菓子二袋も購入。この買い物が後に僕を助けることになる。

 適当に遊んでから荷物チェックを受けていよいよ法律上の国外に出る。手荷物のデイパック内にはカメラやらパソコンやらモバイルバッテリーやらエレクトリックデバイスがいっぱいあったので手荷物検査には少々時間がかかってしまったが、それは予想どおり。出国審査も今や機械でアッという間に済んだ。係官にハンコ押してもらうのもけっこう好きだったんだけどな。

 そうして僕の乗る飛行機の搭乗ゲートに行き、機体の写真を撮ってブログにアップ。最近は空港のWifiも充実してきているからラクだった。

Uk03
この日の成田は晴れ。現地はどんな天気だろう?


 いよいよ日本を脱出。

【つづく】

2020年2月 9日 (日)

パルナイトレース20年2月

 昨年末に、ブログに掲載するためにパルで使用しているF103改の写真を撮っていたところ、リヤのTバーにわずかなクラックが入っているのを発見した。いったいいつからこのクラックがあったのかは分からないし、タイムも出ていたのでまだ使えるとは思ったのだけど、ちょっと時間ができたスキに1枚作り、念のため新品に換えておくことにした。これまではスクワットプレシジョン製Tバーに追加穴開け加工を行い、不要部分をカットしていたのだが、少々もったいない気(とはいえ特売品だったから1枚200円ちょっとだけど)がして、ウチにあるFRPの板から切り出してみた。

T001
出来合いのTバーを加工するためのテンプレートは作ってあったから、それを利用してFRP板に穴開けを施し、カットラインをけがいた。写真はカットの途中

T002
完成。家電製品のボール盤と、わりとどこの家にもある糸ノコを使い、穴開け開始から約1時間でこの状態に。図面を書いてどこかに機械加工を依頼してもいいのだが、折らない限りは1年くらい使い倒す部品なので、自分で切ってしまう方が速いし安い

 このTバーへの換装や、簡単なメンテナンスを行ったのがレース前日。Tバー以外、クルマはとくに問題ないようだったので、デフのメンテとリヤのダンパーにオイルを足す程度に留めておいた。リヤダンパー開けたのって何カ月ぶりだろ?

 1月はイギリス行きのためにパスしたため、今回が僕の20年パルナイトレース開幕戦になる。F1クラスのタイトル防衛を目指した戦いがここから始まるわけだ。レース当日の8日は都合により13時にパル入りし、まずは12分の1用タイヤのカットや削りを行い、走行は15時から開始。最初は路面状態の確認と目慣らしのために12分の1パルで遊ぶ君を走らせた。

Pal200208a
いつもよく走ってくれるパルで遊ぶ君。近々大幅なアップデートを行う予定

 パルで遊ぶ君を走らせてみると、低気温で風もあるわりに路面グリップはよく、快適に走らせることができた。そしてこのままタイヤ削りの合間に3回の8分間走行を実施した。うん、今日は調子がよい。

 F1は17時ごろに走行開始。実はこの時点で今年からナイトレースは予選開始時間が30分早くなっていることを忘れていて、かなりのんびりと走らせてしまった。新品Tバーを装着したF103改は普通に走ってくれるが、気温の低下に伴い路面グリップも低下気味になったから、セットを変えようかどうしようかちょっと悩む。昼間に18時30分スタートのことを友人と話していたのに、15時からはいつものルーティンで動いてしまっていたのだ。で、18時ごろにパルで遊ぶ君をもう1パック走らせようとして、レース運営担当者から「18時半予選開始です」と言われて大慌て。レース用バッテリーの充電は始めていたが、念のため充電電流値をちょっと上げた。ということでパルで遊ぶ君は断念してF1を準備。とりあえずセッティング変更はせずに予選に臨んだ。

 予選1回目は参加10台中唯一の11秒台を出してトップ。さらなるタイム更新を狙うため、フロントウイングにフラップを追加して“もうひと曲がり”が出るようにした。この変更は成功で、予選2回目はいきなり自己ベストを更新するものの、やはりクルマ動きがちょっと難しくなって高速コーナーでミス! このクラッシュでホイールを割って6周でタイムアタックを終了した。幸いなことにその後の僕のタイムを上回る選手は出ず、TQを決定した。ここでのミスを反省し、決勝第1ラウンドはフロントウイングのフラップを外してコンサバ路線で行くことにした。

 その第1ラウンド。無難なスタートを決めてトップを守り、2位のマシンをじりじりと引き離しつつあったレース序盤に、スタックしたマシンを助けようとしたコースマーシャルの体で自分のクルマを見失い、スピンを喫して2位に落ちる。これでトップに立ったO選手を追うかたちになり、その差をちょっとずつ縮めていたのだが、届かず2位ゴールで終わるかと思った矢先、O選手のマシンが周回遅れと絡んでしまい、このスキにトップに立つことができた。あとはペースを保って無事にフィニッシュ。ラッキーな面はあったが、序盤には不運もあったからまあいいか。しかし、レース中のファステストラップはO選手がゲット。

 決勝第2ラウンドのミッションは「トップゴールし、さらにファステストラップも奪還する」こと。そのため先ほど外したフラップを装着し、タイムが出るセットを選んだ。そしてまた無難なスタートを決め、最初の数周は意識的にペースを速めた。アナウンスがなかったのでファステストラップが出せたかどうか不明だったが、周回遅れも出てきた中盤以降はトップフィニッシュ最優先に切り換え、慎重に走らせてそのままレース終了を迎えた。これで第1ラウンドとのポイント合計により優勝確定。ファステストラップもしっかりマークすることができた。

Pal200208b
Tバーを新品にして、受信機を載せ換えた以外はほぼ昨年末にブログで紹介したのと変わらないF103改

Pal200208c
受信機を変更したのは送信機をM12Sに戻したから。昨年4月から使用しているM17は、タッチパネルの不具合により現在メーカー修理に出してある。ということで、M12S君にご登場いただいた。しかし、ここ最近はM17の軽さに慣れていたので、久々に持つM12Sはやけに重く感じた。レースの最後の方は違和感もだいぶ薄れていたけど、一度軽いのに慣れちゃうと、以前この送信機を普通に使っていたのが信じられないほど「重いな」と思った。

 さて、これでシリーズポイントは満点の60点を獲得。ライバル勢に対して1戦分遅れているから、地道にポイントを稼いで今年の終わりにはトップに立ちたい。

 たのしかった。

2020年2月 8日 (土)

釘を刺す

 英国旅行記を始めたせいなのか、今週はこのブログへのアクセス数がけっこう増えている。しかし、今週はわりと時間があったから一気にその4まで書いちゃったけど、来週以降はどんなペースになるのか正直分かりません。だから何が言いたいのかというと、そんなに期待しないで気長に待っててね、と。だいたい、仕事もあるんだけど、これからF1の2020シーズン用新車が次々に発表されるので、自分のブログを書くよりその関係の記事をチェックする方を優先する気がする。そもそも今日はパルのナイトレースだし。


 まあ、2008年の世界戦参戦記ほどは引っ張らないと思う。



 目指せ年度内完結。

2020年2月 7日 (金)

The Gen2 EVO

 フォーミュラEの2020/2021シーズンで使用される進化型シャシーのGen2 EVOが発表された。個人的には「うーん」って感じ。そもそも、僕は初代モデルの方がスタイルがいいと思っていて、このGen2になった時にはちょっとガッカリしたが、今回のエボリューションモデル公開でもそんなに高揚感はない。

Gen2evoheroimage
画像はフォーミュラEのウェブサイトより引用

 フロントタイヤがほぼむき出しになったのはフォーミュラらしさが増してていいと思うが、コレってマシン同士が接触した際にタイヤが乗り上げてしまうのを防止するためにフェンダーが付いてたんじゃなかったんだっけ? それともアレか、タイヤが接触しても宙に舞いにくいことにより頻発していたラフファイトを抑制するため、あえてオープンホイールに回帰してドライバーに「お前らちょっとは自重しろよ」と釘を刺す意味もあるのか? でもまあ、フォーミュラEのレース自体は展開的に面白いことが多いから僕は好きですけどね。

 スタイル面ではGen3に期待したい。

2020年2月 6日 (木)

2020英国の旅・その4

 日程は決まり、航空券も手配した。後はホテルだが、12月は年末進行というヤツでちょっと忙しく、ホテルを含めイギリス行きのことはいったん置いておいて仕事を優先。仕事がひと段落したら今度はMAP2周年記念レースがあったりで、なんだかんだで準備を再開したのは年末になってからだった。ま、今回は別にレースに出るわけではないから、事前にやることもそんなにはない。イギリスのショッピングセンター内特設コースでやる世界戦というのは、選手として考えても魅力的なのは間違いないが、僕は、モディファイド12分の1の世界戦に本気で出るには少々歳を取りすぎたのである。今のモデ12はとても速く、僕が選手で出てもヘタすると最下位争いに加わるだけ、かといって併催のストッククラスには正直あまり興味がない。そして実はストッククラスで好成績を残すには、パワーユニットに関する膨大なノウハウが必要になる。で、僕にそのノウハウは皆無。そもそも1Sの13.5ターンってやったことないし。ということで、今回は野次馬に専念することにした。

 イギリス行きの準備で大切なのは防寒。まずはホームセンターに行ってカイロを買い込んできた。服に貼り付けるヤツと靴に入れるヤツ。服に貼る方は冬場のラジコンレースではよく使っているが、靴に入れる方を使うのは初めて。それもこれも酷寒といわれる現場対策である。ズボンの上から履くズボン、通称オーバーパンツことズボン上ズボンは持っているから大丈夫。ヒ〇トテックシャツも通常使用品だ。ネックウォーマーもあるし、ニットの帽子もふだんから使っている。これで準備はOKかな、と思っていたら、姉から次のことを言われた。「アナタ、ふだんから寒い寒い言ってるクセに、着てるセーターは安物じゃないの。そんなの着てるから寒いのよ。この機会に、タマにはカシミアとかのいいセーターを買いなさい」。「なんだよ、アンタ俺のおふくろかよ?」と思ったが姉だった。さらには妹も加わって説教されたので、よいセーター購入を決意。正月休みに親きょうだいと食事に行った際に高崎駅前の高〇屋で少々高めのセーターを購入した。ちなみに値段はミドルクラスのアンプが買えるくらい。それを着てみるとたしかに暖かく、なるほど高いだけのことはある。ちなみにカシミアは自分で洗濯できないのでパス。手洗い可能なセーターにしました。だって、数日着ると洗いたくなるのに、いちいちクリーニングに出してたら大変じゃない。

 その正月休みにホテルを決定。レース会場であるMKセンターの周りには徒歩で通えるホテルがいくつかあるが、今回はオフィシャルホテルのホリディインにした。会場から約800mという距離と全室Wifi、そして鉄道のミルトンキーンズ中央駅から歩いて行けそうな場所にあるのも決め手だった。今回の往路は9日(木)の11時成田空港発の便でまずはベルギーのブリュッセル空港に向かい、そこで飛行機を乗り換えてイギリスのヒースロー空港に降り立つ便を選んだ。ちなみに帰りはヒースローから羽田空港までの直行便。成田からブリュッセルまでが約12時間のフライトで、乗り継ぎ時間が約1時間半。ブリュッセル→ヒースロー間は1時間のフライトとなる。ヒースロー着は現地時間9日17時ごろの予定。

 ヒースロー空港からミルトンキーンズまでの行き方だが、世界選手権の出場選手や関係者に向けて作られたステージ2レポートでは、空港から長距離バスを利用してミルトンキーンズのバスステーションまで行き、そこからホテル、またはレース会場までタクシーを利用することが推奨されていた。が、これは一見安くて便利なように思えるが、バスステーションからホテルまでのタクシー料金がちょっと引っかかった。荷物の多い参加選手ならいざ知らす、僕が持って行くのは基本的に着替えとお泊りセットくらいなので、それよりも安く移動できるルートを調べてみたところ、ヒースロー空港からロンドン市内まで地下鉄で移動し、ロンドンでイギリス国有鉄道に乗り換えてミルトンキーンズ中央駅に行くのがよさそうなことが分かった。といいつつ、実はこのルートを決定したのは出発便を待つ成田空港のロビーであった。まあ、文明国に行くのだしなんとかなるだろうとタカをくくっていたのだ。

Uk02
ルートはこんな感じ。実はけっこう近い

 まだ日本にいます。

【つづく】

2020年2月 5日 (水)

AOC上海2020開催中止

Screenshot_20200205-asian-onroad-champio
画像はAOCのフェイスブックページより引用

 今年4月に予定されていたAOC(アジアオンロードチャンピオンシップ)上海ラウンドが中止になった。現在の状況を考えると仕方ないが、今年はグリップ低めでもちゃんと走るクルマを用意していたのに残念だ。ウィルスがいつ収束するのか不明だが、来年は開催できるといいな。

 フォーミュラEも中止(延期?)になったし、F1の上海GPも開催が危なくなりそう。

«2020英国の旅・その3

カテゴリー

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29